田村ゆかりFCイベント

行けるかいけないか微妙だったのだが、何とか行けることに、なってしあわせ。普段25分かかる道を10分で走って、定時遅れの14:15新百合発のロマンスカーに飛び乗る。それでも、間に合わないだろうと思っていたが、開演時刻が遅れていたせいで、座席について数分後に開演。

田村ゆかりFCイベント両国終了。久し振りに聴くフリートークは、矢張り、楽しかったなあ。相手を務めてくれた、鷲崎氏はヨルナイトもあるのに水曜日もやってくれたとの話に、「友情出演」という言葉が頭をよぎる。ありがとうございます。ヨルナイト貴族続けます。

イベントでの歌無しは久々か(もう、歌手活動に本人の関心がないのかもしれない、と思った。キング末期は、ライブ関係者への義理でやってるっぽい感じもあったし、仕方ない気もする。キング時代曲を契約関係で歌えないっていうなら、志倉千代丸の事務所在籍なんだし、シュタインズ・ゲートのバイト戦士キャラソンとか歌えばいいのに、とは思ったが)。15年と言われても、僕は、ユカリンxくらいからだから、その感慨はないかな。

イベント感想戦という名の食事終了。
ちゃんこ屋は満席だったので、隣りのイタ飯屋に入る。こっちの店はガラガラ、ってのは、お洒落な店の外装に、本日の客層がビビった故か?

2016.12.10 両国国技館にて鑑賞。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花澤香菜の新譜「ざらざら」

花澤香菜の新譜「ざらざら」flac版購入(100人規模のイベント参加権抽選のためにCD買う気になれなくなった。無料イベントもやってくれるみたいだし)。表題曲は、ザラザラの穴ボコに雨も降らない、とは本人作詞は解り易い。c/w「クラッシュシンバル」は元気ピアノが良。気のせいか唄語尾に末光っぽいエフェクトが聴こえ、「SUEMITSU & THE SUEMITH 」1st聴いた時を思い出した。

花澤香菜イベントをチラ見する。折角、お台場まで来たのだから、と色々回ったのが裏目に出てしまった。こんなこともある。また次の機会はある筈だ。

赤一色のワンピは、照明暗めの教会広場で映える。生で聴く「ざらざら」の美声に文句無し。

2016.12.03お台場ヴィーナスコート教会広場にて鑑賞

| | Comments (0) | TrackBack (0)

草野原々「最後にして最初のアイドル 」

草野原々「最後にして最初のアイドル 」読了。「アイドル界は弱肉強食」を、文字通り書いた話。スピーディな話の展開が楽しかった。二次創作を思わせる部分は「意味わかんない」風の口癖ぐらいだけど、kindle
版を130円で出す機動性は当世風だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画「君の名は」

映画「君の名は」観た。時間モノとしては、設定説明乏しい(観客みんなが、バックトゥザフューチャーの写真みたいな変化がルールって分かってるわけではないと思うのだけれど)のと、物語が終わった後のポエムの長さが、僕には気になった。けど、ヒットしてるし、現代的バランスなのだろう。

「言の葉の庭」先生のゲスト出演は、前作キャラが幸せになった感じを、花澤香菜の保守本流な声色で表示してるのが、嬉しかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロフェッツ・オブ・レイジ「パーティーズ・オーバーEP」

プロフェッツ・オブ・レイジ「パーティーズ・オーバーEP」聴く。

レイジ・アゲンスト・ザ・マシーンのボーカル以外のメンバーにパブリック・エネミーのチャックÐが入ったグループで、両グループの曲をやるっていうのだから、セルフカバー集である。だが、チャックDの響く声が懐かしい。この種の音楽は、ヒップホップのノリが、ハードロック美学に駆逐されてしまうなぁ、という感想を持ったのは、「ジャッジメントナイト」サントラを聴いた数十年前。今回も、また。レイジの原曲は未聴だが、ハードロック美学で行くなら、レイジのザックさんのほうがかっこいいんだろうな、という気になってしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ビューティフル(ブロードウェイ版出演者録音)」CD

「ビューティフル(ブロードウェイ版出演者録音)」CDを聴く。キャロル・キング&バリー・マンのカバー集。ミュージカル俳優なんで、皆さん綺麗に歌い上げる。全て1コーラスのみだが、30曲名曲祭りで悪い筈無く。「ふられた気持ち」、僕はホール&オーツ世代なので懐かしく。

これを聞く限りでは、日本語版ミュージカルのダブルキャストは、水樹奈々より、平原綾香向きの内容かなぁ。キャロキン本人の力任せ歌唱は、奈々様の唸り節に近いと思っているのだけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早見沙織 1st Concert “Live Love Laugh”LIVE  市川公演


会場前着。千代田線周りでノンビリ行ったせいか、場外物販は既に終了(後で買えたのでTシャツ買う。さわやかな水色が着やすそうで良い)。会場横のホットドッグ屋台で軽く腹に入れる。店員さんが、テキパキとホットドッグを作ってる姿が、見るのが楽しい。

市川公演終演。CD版より力のこもった「インスタレーション」歌唱が、素晴らしい。盛り上がる曲が無いなら、作れば良いじゃないか、と言わんばかりの未発表作品連発といい、「正攻法」の印象を受けた。

MCの「『早見さんの曲』じゃなくて」の下りは、音楽を聴く、とは、どういうことか、という根源的な話に思えた。んなこと、わざわざ言葉にするのか!と思ったが、これも「正攻法」では、ある。

早見沙織ミニアルバム発売発表。新曲録音中、とMCしてたから、何か出ると思ってたけど、映像と別会場音源CD×2付とは!ライブ盤好きには、とても嬉しい。ただ、収録素材全部出しての集大成にも見えるんで、本人名義歌手活動を今後続けるか不安が。レーベルメイト三澤の集大成的ベスト見るとねぇ。

2016.10.29 市川市文化会館にて鑑賞

| | Comments (0) | TrackBack (0)

mono「レクイエム・フォー・ヘル」

ototoyのハイレゾ配信で、mono新譜「レクイエム・フォー・ヘル」を聴く。ストリングスとの競演は、「エリーの鼓動」の後ろで低く鳴ってるぐらいで、乏しく。バンドサウンドは、インストなのを単調に感じる瞬間と、聴きやすいB.G.Mと思う時期とが交錯する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カーク・フランクリン「ルージング・マイ・レリジョン」

来日ニュース(カニエ、チャンス・ザ・ラッパー新作にも参加で話題、カーク・フランクリンの来日公演が決定 @bmrjp より http://bmr.jp/news/165324 )で昨年新譜出てたことを知る自分アンテナの低さよ。カニエもチャンスザラッパーも月ぎめ配信限定アルバムってのも、縁遠い理由か。ある程度チャートを追いたいなら、スポティファイとか対応しなきゃいけないんだろうなぁ。

新譜タイトルはゴスペルの人には重い言葉なのだろうか、r.e.mの曲名としか僕には思えないのだが。新譜内容は、カークさんの口癖「ポウ」入りのアップテンポも勿論あるけど、女声バラード多目で聴きやすい。「123ビクトリー」も、ブギ・ダウン・プロダクション曲のサンプルを消して、今風チキチキ音入れたリミックスより、古風で好み。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ピート・タウンゼント&ザ・ディープ・エンド feat.デヴィッド・ギルモア『フェイス・ザ・フェイス~ライヴ・イン・カンヌ1986』

ピート・タウンゼント&ザ・ディープ・エンド feat.デヴィッド・ギルモア『フェイス・ザ・フェイス~ライヴ・イン・カンヌ1986』の国内版限定CDを聴く。DVDリッピング禁止なので通勤中に聴く時に音源CD有ると助かる。ライナーがフーとは縁遠そうな伊藤政則なのは、ピンクフロイド故?

「サイモン・フィリップス プレイ コンピューター」と仰々しくMCした直後の「ハイディング アウト」で聴けるのが、(今なら簡単そうな)物凄く単調なリズムパターンってのに、時代を感じる。
反面、今ならシンセで代用されそな管楽器やハーモニカ担当がTV用ライブに居るってのは豪勢に感じる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«The I Don’t Cares『Wild Stab』