« ポアロの2ndalbum「USO800」:店で「握手会券ありますが」、って言われたのですが、小心者なので断わってしまいました。わたしより、出席が相応しい人の手に渡れば、と。 | Main | 「待ち合わせ」の衝撃を超える曲はなかったのですが、、、:CECIL「タイガー・リリィ」 »

E・ハミルトンも「スタータイド・ライジング」も通俗SFの系譜ですけれど、、、:P・F・ハミルトン「マインドスター・ライジング」


P・F・ハミルトン「マインドスター・ライジング」(創元推理文庫)を読みました。

うーん、読みにくいとかいった問題があるわけじゃないのですけれど、あまりにも、ありきたりな近未来電脳ハードボイルド。後半はアクションになるから広義の「ハードボイルド」ですけれど。「1日につき四百ニューポンドと、必要経費」という、私立探偵系のフレーズが出たところで、笑いモードにはいるべきだったのでしょうか。テレパシー探偵がスーパーハッカーに聞き込みにいく、コンピュータに意識を移して永遠の命というようなお約束への耐性が問われる作品。もっとも、骨董品のサンヨーのビデオデッキとか、ミノルタ製のメーザーとかいったブランドネタは微妙にオリジナリティがあるのかもしれませんが
英国舞台にしてるといっても、近未来SFなのでアメリカ物とそう違うこともないのですが、通俗SFの悪玉と言えば、全読者が、倒してしまっても罪悪感を感じない存在を置きますが、共産主義者とロリコンかぁ、そこらへんイギリスっぽいのかも。

作者は初紹介の人のようでして、カバー折り込み部の関連作品紹介には、わたしが「自由軌道」だけでお腹一杯になったL・M・ビジョルド作品が。まぁ、そのラインの通俗SFってことなのでしょう。たまにはいいかな。

|

« ポアロの2ndalbum「USO800」:店で「握手会券ありますが」、って言われたのですが、小心者なので断わってしまいました。わたしより、出席が相応しい人の手に渡れば、と。 | Main | 「待ち合わせ」の衝撃を超える曲はなかったのですが、、、:CECIL「タイガー・リリィ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/356059

Listed below are links to weblogs that reference E・ハミルトンも「スタータイド・ライジング」も通俗SFの系譜ですけれど、、、:P・F・ハミルトン「マインドスター・ライジング」:

« ポアロの2ndalbum「USO800」:店で「握手会券ありますが」、って言われたのですが、小心者なので断わってしまいました。わたしより、出席が相応しい人の手に渡れば、と。 | Main | 「待ち合わせ」の衝撃を超える曲はなかったのですが、、、:CECIL「タイガー・リリィ」 »