« アルスが箱番組になってる「天才ビットくん」いとうせいこう出演ってのがなんとも、らし過ぎる珍妙最先端電脳世界番組に驚き。昔は出演者が子供ってのが、最低限子供番組としての仁義だったかに記憶していたのですが。:アニメ新番組視聴テスト4 | Main | そろそろ峠を越したかな:アニメ新番組視聴テスト5 »

本ページは「アニメ周辺っていうか声優」のカテゴリーを作った方がよいかもしれない:メロキュア握手会・田村ゆかり「Peachy Chreey Pie」

アニメ関連イベント2題。

整理券頂いていたメロキュアの1stアルバム発売記念のミニライブ・握手会に行きました。

要は、カラオケ・イベントだったのですが、ギターしかクレジットのないような打ち込み系楽曲も多いわけですし、「POP STEP JUMP!」「ベェーイベェふたりのせかい」といったアルバムのハイライトと、シングル曲メドレーというサービスぶりに満足。演奏云々よりお姿が観られて嬉しい、的なところもあるわけですし。そりゃ生ライブの方がいいですけれど、地味目のメンバーのトークを盛り上げる司会のお姉さんも、イベント的には好印象。
終了後整理退場とかで檻の中に閉じこめられた感が漂ってしまったのは、立ちっぱなしに疲れた体力不足のわたしには少々アレでしたが、確かに出待ち対策としては有効かとも思うんで、これはこれで。

さて、生ライブといえば、「ライブ盤はアーティストが出すもんで、わたしは声優」といった、当日現場での本人コメントぶりに反し、年末のふぁーすとらいぶから、結構あったトーク抜きで1時間近くの楽曲を(生のほうが生きる、しっとり目の楽曲中心に収録なのが嬉しい)含む田村ゆかりの2ndDVD「Peachy Chreey Pie」を観ました。当日、後ろの方からではモッシュの嵐で見えてなかった衣装・振り付けも解るし、ライブでは微妙だったバックとの音量バランスも綺麗になって良し良し。反面、1曲目序盤での緊張ぶりが伝わってきてしまうのは、ご愛敬か。
ライブ以外に収録のプロモ2曲。まるでMTV創世期プロモっぽい造り物らしさ満載の「きらら時間旅行」プロモには、(否定的意味を込めない)偽アイドルとして、ひとつの完成形、の感も。
本領(?)のトークも、シングル発売イベントのほうに結構収録されているので、死角無し。

|

« アルスが箱番組になってる「天才ビットくん」いとうせいこう出演ってのがなんとも、らし過ぎる珍妙最先端電脳世界番組に驚き。昔は出演者が子供ってのが、最低限子供番組としての仁義だったかに記憶していたのですが。:アニメ新番組視聴テスト4 | Main | そろそろ峠を越したかな:アニメ新番組視聴テスト5 »

田村ゆかり」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/419016

Listed below are links to weblogs that reference 本ページは「アニメ周辺っていうか声優」のカテゴリーを作った方がよいかもしれない:メロキュア握手会・田村ゆかり「Peachy Chreey Pie」:

« アルスが箱番組になってる「天才ビットくん」いとうせいこう出演ってのがなんとも、らし過ぎる珍妙最先端電脳世界番組に驚き。昔は出演者が子供ってのが、最低限子供番組としての仁義だったかに記憶していたのですが。:アニメ新番組視聴テスト4 | Main | そろそろ峠を越したかな:アニメ新番組視聴テスト5 »