« 新井素子「大きな壁の中と外」って言ったら褒めすぎかな:「パラダイスメーカー オラが村ぁ平和」 | Main | アルスが箱番組になってる「天才ビットくん」いとうせいこう出演ってのがなんとも、らし過ぎる珍妙最先端電脳世界番組に驚き。昔は出演者が子供ってのが、最低限子供番組としての仁義だったかに記憶していたのですが。:アニメ新番組視聴テスト4 »

コネリー・パンチで全てを解決する映画版も悪くはなかったけれど、やっぱり、「リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン」は漫画版のほうが面白いなぁ。

アラン・ムーアによる漫画版「リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン」を読みました。

主人公マリーだったのかぁ(タイトルに反して、呼び名は「ミス・マリー...紳士諸君」なのね)ちょっとびっくり。スカートの中見るなって怒ったり(勿論見られてしまう)、夫婦に偽装してたのにつけ込まれてキスされて怒ったり、「殿方はどうして目新しい機械をを手にすると夢中になってしまわれるのかしら?」と皮肉言ったり(そして、それが仲間に信頼されていないことへのいらだちの裏返しだったり)、平手打ちでハイド氏覚醒させたり(しかもしっかり手懐けてたり)、と大活躍でヒロインキャラ立ちまくりの、ある意味、燃え萌え冒険物語。実際、アラン・ムーア氏って設定がアメコミにしては、、、みたいな言われ方することもあるけれど、、結構、「ウォッチメン」含め、オーソドックスな作品が多いように思います。

絵は、原色多用の配色と、イイ感じに汚い老人顔がちょっと「バカ姉弟」に近い感じってか美術系。魚型戦闘凧の大群VSコウモリ型空中戦艦の大ゴマにはスチームパンクのいかがわしさが炸裂。

|

« 新井素子「大きな壁の中と外」って言ったら褒めすぎかな:「パラダイスメーカー オラが村ぁ平和」 | Main | アルスが箱番組になってる「天才ビットくん」いとうせいこう出演ってのがなんとも、らし過ぎる珍妙最先端電脳世界番組に驚き。昔は出演者が子供ってのが、最低限子供番組としての仁義だったかに記憶していたのですが。:アニメ新番組視聴テスト4 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/414352

Listed below are links to weblogs that reference コネリー・パンチで全てを解決する映画版も悪くはなかったけれど、やっぱり、「リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン」は漫画版のほうが面白いなぁ。:

« 新井素子「大きな壁の中と外」って言ったら褒めすぎかな:「パラダイスメーカー オラが村ぁ平和」 | Main | アルスが箱番組になってる「天才ビットくん」いとうせいこう出演ってのがなんとも、らし過ぎる珍妙最先端電脳世界番組に驚き。昔は出演者が子供ってのが、最低限子供番組としての仁義だったかに記憶していたのですが。:アニメ新番組視聴テスト4 »