« コネリー・パンチで全てを解決する映画版も悪くはなかったけれど、やっぱり、「リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン」は漫画版のほうが面白いなぁ。 | Main | 本ページは「アニメ周辺っていうか声優」のカテゴリーを作った方がよいかもしれない:メロキュア握手会・田村ゆかり「Peachy Chreey Pie」 »

アルスが箱番組になってる「天才ビットくん」いとうせいこう出演ってのがなんとも、らし過ぎる珍妙最先端電脳世界番組に驚き。昔は出演者が子供ってのが、最低限子供番組としての仁義だったかに記憶していたのですが。:アニメ新番組視聴テスト4

アニメ(等)第1話視聴感想×3

キン肉まん2UM OPはジャニーズロック
深夜枠になって何かあるのかな、と視聴してみましたが、続きのようでした。キン消しに思い入れはないので×

鉄人28号 OPは男声コーラス
色調含めた「人狼」ばりの戦後風俗描写が醸し出す、京極堂ものや「県警対組織暴力」と同じく、「戦後すぐ日本」という異世界なら何でもアリな自由さが、1話でのもったいぶった謎=エヴァ以降の「どうせ謎ほっぽりなげちゃうんじゃないの警戒感」、を排除してくれます。ずん胴包帯ロボはビッグ・デュオの重量感を思い出したのも(あっちが鉄人リスペクトものなんで逆転してるんだけれど)ポイント。ロボ戦闘物としても楽しめるように、絵が失速しないといいですねぇ。○△

魔法少女隊アルス!OPなし
アニメージュ付録DVDでの異世界構築ぶり(同じ雨宮監督によるサターンゲームを彷彿)に期待していたのですが、10分1話じゃ何とも言えないかな。どんよりした色使いは好み。絵は動くところと動かないところが分かれすぎで、冷める瞬間もあるけれど、でも桑島法子、広橋涼といった声優陣の掛け合いだけでもこの尺だと観られちゃうかな。○△

|

« コネリー・パンチで全てを解決する映画版も悪くはなかったけれど、やっぱり、「リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン」は漫画版のほうが面白いなぁ。 | Main | 本ページは「アニメ周辺っていうか声優」のカテゴリーを作った方がよいかもしれない:メロキュア握手会・田村ゆかり「Peachy Chreey Pie」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/418899

Listed below are links to weblogs that reference アルスが箱番組になってる「天才ビットくん」いとうせいこう出演ってのがなんとも、らし過ぎる珍妙最先端電脳世界番組に驚き。昔は出演者が子供ってのが、最低限子供番組としての仁義だったかに記憶していたのですが。:アニメ新番組視聴テスト4:

« コネリー・パンチで全てを解決する映画版も悪くはなかったけれど、やっぱり、「リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン」は漫画版のほうが面白いなぁ。 | Main | 本ページは「アニメ周辺っていうか声優」のカテゴリーを作った方がよいかもしれない:メロキュア握手会・田村ゆかり「Peachy Chreey Pie」 »