« 法月綸太郎「生首に聞いてみろ」 | Main | FATBOY SLIM「palookaville」/UNDER17「くじびきアンバランス」/meg rock「4ever」/NOMO「NOMO」 »

2004年10月期アニメ等新番組第一話感想その2

PC暴走による「厳窟王」の録画失敗してもブルーになってる暇もない、アニメ等新番組第一話感想×6です。ちなみに、基準は春のそれと同様のつもりです。

「-tactics-」(火深夜)OPED(秋山実希)は、ロックギターをバックにパンチのある(ちょっと古めの)女性ボーカル。
堀江由衣の役どころを川上とも子にスイッチさせたラグナロク・ロキ(たぶん同じ作者)、といった感じが漂う、ショタ声主人公の和風心霊バトルものです。深夜ゆえのレズ風味サービスは第一話だけでしょうか。×

「スクールランブル」(火夕)OP(堀江由衣withunscandal)はバックの音量に声量のなさで沈むアイドル声優声+スカパンク。ED(小倉優子)はピチカート小西特有の声量ない人向け囁きポップ。
ギャグとしてみると面白いわけでもないし、あずまんが以降現代4コマならではの「間」も感じられないせわしなさが、観ていて疲れました。女の子絵が(第一話だけかもしれませんが)非常に可愛いので、小清水亜美声、堀江由衣声の女の子が観れればいいや、と割り切れるかどうか。△

「遙かなる時空の中で〜八葉抄」(火深夜)OP(関智一・高橋直純・宮田幸季)は打込バックにジャニーズ風。ED(浅川悠・桑島法子)はカラオケ全盛時風女性デュオ。
学園から平安時代にタイムスリップ伝奇。美少年ゲー原作らしいイケメン登場、抱きつきシーンを惜しまない気前の良さには好感が持てるけれど、話のほうは、伝説の力が発動するファンタジィに終始しそう。△

「ロックマンエグゼstream」(土朝)OP(buzy)は女性合唱ダンスビート。OP(ババメイニア)はHY型男RAP女歌い上げミクスチャーロック。
冒頭のアイアンリーガーもどきから敵は全宇宙の生命を観察する者、というスケールの大きいネタに驚きつつも、ネクストシーズン故の敷居の高さに退散せざるを得ません。△×。

「月詠」(月深夜)OP(Dimitri From Paris+斉藤千和)はイージーリスニングな打ち込み(ラウンジ?)+萌え台詞サンプリング。ED(marianne Amplifier feat.yuka)は女性囁き+リズムボックス+ピアノ+弦。
眼鏡和風札使いイケメンも出てきましたが、要は悪女振り回され系ラブコメなので、猫耳少女のお風呂にフリフリ服で「おにいさま」な、狙いすぎサービスがどこまで続くかが勝負でしょうか。△

「Bleach」(火夕)OP(orange range)は現代若者ラップ+バンド。ED(rie fu)は、弦バックにキャロル・キング風弾き語り。
和風伝奇能力番長が毎週ザコを倒していく定番もののようですが、第一話ならではのやたらスピーディーな展開が止まった時に、何を面白がるべきなのかわかりません。△


|

« 法月綸太郎「生首に聞いてみろ」 | Main | FATBOY SLIM「palookaville」/UNDER17「くじびきアンバランス」/meg rock「4ever」/NOMO「NOMO」 »

アニメ等第1話感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/1613254

Listed below are links to weblogs that reference 2004年10月期アニメ等新番組第一話感想その2:

« 法月綸太郎「生首に聞いてみろ」 | Main | FATBOY SLIM「palookaville」/UNDER17「くじびきアンバランス」/meg rock「4ever」/NOMO「NOMO」 »