« ブライアン・ウィルソン「スマイル」/川澄綾子&清水愛「AA」/Fela Kuti mixed by CHIEF XECL「UNDERGROUND SPIRITUAL GAME」 | Main | 最近プレイ挫折したゲーム。 »

2004年10月期アニメ等新番組第一話感想その5

そろそろ、流石に終盤戦&落ち穂拾いな、2004年10月期アニメ等新番組第一話感想その5です。

「厳窟王」(火深夜)
曲感想:OP(Jean-Jacques Burnel)は弦&ピアノをバックにDOORS,Nick Caveの系譜の飲んだくれ語尾不明ぼそぼそ歌,ED(同)はキーボード主体のロック。ストラングラーズはパンク有名どころのなかでは未聴だったので、良い機会になりました。
内容感想:雰囲気ものの未来ゴシック。体が動いても模様がずれない未来服などがかもし出す変な絵柄と、中田譲治はじめとした声優陣のカリスマが、雰囲気の向こうに何かを感じさせます。少なくとも今のところは。○

ゾイドフューザーズ(日朝)
曲感想:OP(2am)尾崎紀代彦系歌にテクノなキーボード、ED(同)はデジロックに渡辺美里風コブシ歌。
内容感想:第2話を視聴。ゾイド世代ではないので、烈&豪、ポケモン型司会者付バトル物の一種にしか見えないですが、合体対応のおもちゃに買い換えろ、という対象ユーザーへのメッセージ以外は伝わりませんでした。×

「げんしけん」(火深夜)
曲感想:OP(MANZO)元気パンク&「くじ引きアンバランス版」OP(UNDER17については既報の通り)ED(アツミサオリ)は微ケルト入った女性アコースティック。
内容感想:既にマンガではジャンル化した感のあるオタク生態物ですが、すぐ読み終わるマンガと違って、時間を拘束されるアニメだと、自虐性の有る作品を距離を置いて観るのって、難しいです。作中作「くじびきアンティーク」はオンエアでは楽しめなさそう。△×

「リングにかけろ1」(水深夜)
曲感想:OP(Marina del lay)ED(サイキックラバー)ともに、軽ハードロックなギターをバックに歌詞でタイトルコールする、大昔のアニメ主題歌マナー準拠な曲。
内容感想:第1話を見逃したので対剣崎戦のクライマックスからの第2話を視聴しました。アナクロながらも明日のジョーパロディ的な仰々しさで盛り上がってます。原作も序盤は「ガラスのチン」とか、超現実設定のないボクシング物だった気もしますが、OPを見る限りギリシャ編あたりまで視野に入っていそうですから、それなら「はじめの一歩」的リアリズムを完全に無視したこの展開は正解でしょう。次回予告タイトルでブーメランフック登場か?という、原作の豪勢な消費っぷりがテンポの良さに繋がってる気がします。○△

「グレネーダー」(木深夜)
曲感想:OP(下川みくに)奥井雅美風こぶしバラード、ED(同)は、カラオケ全盛時的バラード。
内容感想:旅がらす時代劇+銃+巨乳。刀には無敵の銃使いも、マトリックス能力付には一方的に負ける、という内容の第一話は主人公の強さより、銃が主人公以外に無敵な世界設定への違和感のほうが強く、主人公の勝利にカタルシスを持てなかったです。×

「ジパング」(木深夜)
曲感想:OP(AUDIO RULEZ)は癖のないバンプオブチキン風若人ロック。ED(BIGIN)は弾き語り。
内容感想:第2話を視聴。CG戦艦描写が売りの、ファイナルカウントダウン設定でのプチ保守向けポリティカルフィクションでしょうか。わたしは幼少時に戦車プラモではなくサンダーバード2号とサイクロン号ばかり作っていたためか、架空戦記系作品の軍隊描写美学に、どうもついてゆけないのです。×

|

« ブライアン・ウィルソン「スマイル」/川澄綾子&清水愛「AA」/Fela Kuti mixed by CHIEF XECL「UNDERGROUND SPIRITUAL GAME」 | Main | 最近プレイ挫折したゲーム。 »

アニメ等第1話感想」カテゴリの記事

Comments

お久しぶりです。大学の後輩のアイドル大好きっ子、で分かるかなぁ。

「巌窟王」いいよねえ。ちょうど岩波の「モンテ・クリスト伯」を読んでるときにO.Aされたので、毎週チェックしてます。アニメでは内容が大幅にリファインされてるので、対応をとるのも一つの楽しみ。アルベール視点だと情報が大幅に削られるんだなあ。

全然関係ないけど、おがりん的には東京事変はスルーですか?

Posted by: みゅハム | 2004.11.22 at 12:40 AM

お久しぶりです。aki先生のリンクに並んでいて少々びっくり。
東京事変はP.V.での二の腕しか印象残っていない、、、オヤジ感性だ、わたし。Pe'zの人の曲は気にかかるけれど。

Posted by: ogalin | 2004.11.23 at 01:47 AM

すでにシングルで先行発売されている「群青日和」はH是都M(ヒイズミマサユ機(PE'Z))氏の作品ですね。アルバムにも「群青日和」込みで3曲書き下ろしているし、編曲にも亀田誠治とともに首を突っ込んでいるみたいです。
P.S. 今週のビックコミックスピリッツの巻頭グラビアが林檎さまでした。要チェケです。

Posted by: みゅハム | 2004.11.23 at 06:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/1691300

Listed below are links to weblogs that reference 2004年10月期アニメ等新番組第一話感想その5:

« ブライアン・ウィルソン「スマイル」/川澄綾子&清水愛「AA」/Fela Kuti mixed by CHIEF XECL「UNDERGROUND SPIRITUAL GAME」 | Main | 最近プレイ挫折したゲーム。 »