« 「イン」ストアではないYOUR SONG IS GOODライブ | Main | 矢野顕子「ホントのきもち」/ali shaheed muhammad 「Shaheeduliah and Stereotypes」/木村カエラ「Happiness!!!」 »

SFマガジン2004年12月号ジョージ・R・R・マーティン特集/西尾維新「きみとぼくの壊れた世界」

最近読んだ小説×2

SFマガジン2004年12月号「ジョージ・R・R・マーティン特集」
短編3つと、中編の半分が掲載されていますが、アイスドラゴンとブラックドラゴンとがブレスを撃ち合う戦闘ファンタジィ(「アイスドラゴン」)、「スターシップ・トルーパーズ2」と同じオチだったりするバトルスーツ戦争SF(「ヒーロー」)、「アウターゾーン」ばり?の因果応報話(「<喪土>に吼ゆ」)、ロストテクノロジーのお宝めざす宇宙の何でも屋<<タフ>>シリーズ「禍つ玉(前編)」と、読みやすさ抜群の通俗SF大会な小説セレクションに大満足です。ただ、そういった通俗性が強い作者らしい作品である<<氷と炎の歌>>第2巻の本質を伝えるためには、人物辞典とかで「本格」ぶりを強調するより、いにしえの大河少女漫画〜初期グインサーガあたりを守備範囲とするような人に、「活字倶楽部」読者投稿型のキャラ萌えエッセイでも書いて貰った方が、適切なんじゃないかなぁ、と思ったりもしますけれど。

特集の他は、ネビュラ賞受賞作「くらやみの速さはどれくらい」邦訳記念エリザベス・ムーンのインタビュー記事が、ちょっとクラクラしました。「洪水は我が魂に及び」とかの大江健三郎ばりに作家身内をモデルにする私小説手法で「アルジャーノンに花束を」やられちゃ、誰も何も言えないでしょうに。イーガンとマーティンが来るから読まない言い訳が立ってよかったです。

西尾維新「きみとぼくの壊れた世界」
知人に「コズミックで新本格止まっているようなひとが、西尾維新で一冊読むなら」と聞いた折りに薦められた一冊ですが、参りましたね。改行無しの饒舌体でイジメに対抗してそれ以上の暴力で返すキレっぷりで家族のキャラ描写という冒頭部に、舞城王太郎「煙か土か食い物か」(と「火蛾」を読んでいたのを封入栞のメフィスト賞一覧を見て思い出したり)を連想したのもつかの間、100頁近く続く「お兄ちゃん」いちゃつき妹文学には、ちょっと疲れました。

選択肢を提示する文章とか、文字列繰り返しで狂気描写とか、自分突っ込み一人称とか含めて、意図的にギャルゲーのテキストっぽくしているのだとは思います。それが本作のみか作者の作風なのかはわかりませんけれど。ただ、萌えアニメ観まくっていてこういうこと言うのもナニですが、小説のかたちでギャルゲー風味を提示する意義が見えてこないと、ギャルゲーならではの便利な不自然さが小説をより作り物っぽくしてしまっています。ゲームの筈の「奈須きのこ」文章以上に小説じゃない、感が強かったです。作り物感に居直ってセカイ系って言い方もできますが。

前に読んだエッセイか後書きかで、乙一が、自分の小説がミステリー仕立てなのは謎があるとプロットを立てやすいから、みたいなことを言っていて、そういう利用法としてのミステリーかなと思っていたので、ミステリー部分で名探偵がうんちくと回答を言ってくれたのには好感が持てます。けれど、叙述トリックにアンフェアとか言うのは野暮ですが、ヒロインSと主人公の友人しか登場人物がいないというギャルゲー世界ならではの選択肢の少なさでは、驚けないので、高校生青春本格ミステリとしては、法月綸太郎「密閉教室」ぐらいに人間味があると良いな、と思ってしまうわたしは旧いのでしょう。

さくさく読めたこともあり、作家に対しての印象は悪くはないのですが、他作を読むかは、ちょっと微妙なところではあります。

|

« 「イン」ストアではないYOUR SONG IS GOODライブ | Main | 矢野顕子「ホントのきもち」/ali shaheed muhammad 「Shaheeduliah and Stereotypes」/木村カエラ「Happiness!!!」 »

SFマガジン」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/1791483

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2004年12月号ジョージ・R・R・マーティン特集/西尾維新「きみとぼくの壊れた世界」:

» [雑談]君と僕の壊れた世界。 [takyのスマイリィ・スマイル]
ユリイカの西尾維新特集号を読み終わり、 サークルの先輩の http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791483 とかを眺めつつ、つらつらと。 うーむ。なん ... [Read More]

Tracked on 2004.11.25 at 09:03 PM

« 「イン」ストアではないYOUR SONG IS GOODライブ | Main | 矢野顕子「ホントのきもち」/ali shaheed muhammad 「Shaheeduliah and Stereotypes」/木村カエラ「Happiness!!!」 »