« ドラゴンクエスト8ファースト・インプレッション | Main | THE BRIAN SETZER ORCHESTRA Christmas Extraganza! Japan Tourに行っていました。 »

SFマガジン2005年1月号/SFJapan10号

最近読んだSF雑誌×2

SFマガジン2005年1月号
GRRM(って解説での略称もどうかな、ジョージ・R・R・マーティン)のハフ・シリーズ分載後半分は、B級SF映画っぽい殺戮ホラーな展開。恐竜ネタまで前編で見せてしまったので、後半で初めて登場するガジェットが少なくてやや驚きに欠けるのは残念ですけど、ゲームっぽい展開で通俗性はたっぷり。

「アメリカ現代社会とSF」特集は(小川隆氏は最近こればっかって気もします)右傾化するアメリカねたエッセイ。小説2つはリベラル層が好みそうな戦争→不幸小説。でも、小説としての魅力は?

浅倉久志セレクションは、デーモン・ナイト「心にひそむもの」。「時計仕掛けのオレンジ」設定を綺麗に引っ繰り返す落ちは、星新一的品の良さ。

SFJapan10号
和製「ワイルドカード」っていうか、その元ネタであるXメン自体ある種の作家分業アンソロジ型一芸ヒーローものだと思うんですが、な「憑依都市-ホーンテッド-」シリーズ開始特集号。

山田正紀&吉川良太郎という好みの作家のコラボには大期待ですが、彼らの単独作がない本号掲載分(複数作家の書いた基本設定紹介編をシャッフルしてしまっているので、ちょっと解りにくい)だけじゃなんとも言えないなぁ。マンガの、いかにも吉川氏が原作らしい、エセ未来仏蘭西ベダントリイ炸裂なノリはアニメ「巌窟王」にも通じるような感じで善し。絵も魅力的。

|

« ドラゴンクエスト8ファースト・インプレッション | Main | THE BRIAN SETZER ORCHESTRA Christmas Extraganza! Japan Tourに行っていました。 »

SFマガジン」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/2108540

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2005年1月号/SFJapan10号:

« ドラゴンクエスト8ファースト・インプレッション | Main | THE BRIAN SETZER ORCHESTRA Christmas Extraganza! Japan Tourに行っていました。 »