« 平井堅「SENTIMENTALovers」 | Main | SFマガジン2005年1月号/SFJapan10号 »

ドラゴンクエスト8ファースト・インプレッション

「予想通りポリ、予想通り後期ドラクエ」

6,7と、時間ばかりかかるゲームだなぁ、というプレイ感だったのですが、1からやっている義理もあるので、「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われた姫君」買ってみました。

プレイ約2時間、最初のダンジョン攻略中の感想です。

CM画像では糸井「マザー」のようにフィールドと町がシームレスかのようでしたが、そんなことはなく、フィールド→扉から入場グラフィック→キュルキュル(読込)→町中という、普通の方式。ただ、戦闘時も含め読込みは、3Dポリゴン表示RPG(以下ポリ)にしては、テキパキしています。

しかし、ポリの宿命的な問題ですが、視界が狭いため街・ダンジョンとも道に迷いやすいです(見渡しボタンや前を向くボタンを使いこなせってことでしょうかね)。最初のダンジョンの入口にマップ入り宝箱が置いてあるのは作り手も意識しているのでしょう。最初だけサービスかもしれませんが。

戦闘は、画面回すとかいったポリ演出は、あることは有るけれど控えめの、まぁ、ドラクエらしい訳ですが、宝箱全部開けてボスにたどり着く位だと、勝負にならず、ワンダリングモンスターがザコになる/防具屋の売り物を全部買い込むまで要「レベル上げ」なバランスは7準拠といったところで、昔のドラクエはこんなじゃなかった気がして、萎え気味です。さくさくとレベル上げを意識することなく進む箇所の中に、時たま1の後半みたいな要レベル上げな箇所が出てくる、って印象のわたしには。とはいえ、わたしの忍耐力その他がヘタレてきただけかもしれませんが。

あと、起動最初に出るメーカーロゴがレベルファイブ(追記。スクウェア・エニックスのロゴがそれ以前に出ています。ただ、ロゴ表示音がないので気にとめていなかったのでした)なのは(映画やDVDでの冒頭社名ロゴに時間をとられるのが嫌いなせいもありますが)、なんかドラクエっぽくなく、色使いが似たポリということでダーククロニクルをやっているような気がしてきてしまうのは残念。ダーククロニクルは面白さが理解できないまま、単調なアクションRPG戦闘が面倒くさくなって途中挫折してしまったけれど、本作はどうなるかなぁ。

今んところ、前作のしょぼいムービーが無いところのみが好感度。

と、思ったらFF7で通り過ぎた筈のポリ人形紙芝居(追記。ゼシカの迎合描写にはFF7の巨乳幼なじみ、ティファを連想することしきり)が、、、トロデ王のアラレちゃん走りは笑えたけど、、、

|

« 平井堅「SENTIMENTALovers」 | Main | SFマガジン2005年1月号/SFJapan10号 »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/2090068

Listed below are links to weblogs that reference ドラゴンクエスト8ファースト・インプレッション:

» 『ドラゴンクエスト8』 インプレッション [GameNews Watcher]
ドラゴンクエスト8 インプレッション [Read More]

Tracked on 2004.11.28 at 03:53 PM

« 平井堅「SENTIMENTALovers」 | Main | SFマガジン2005年1月号/SFJapan10号 »