« バックオーライ! | Main | 「魔法少女リリカルなのはサウンドステージVol.1」/「ダ・カーポVocal SelectionVol.2My Little Wish」/Snoop Dogg「R&G (Rhythm and Gangsta) The Masterpiece」 »

イアン・ワトソン著「エンベディング」を読みました。

訳者の山形浩生氏による「訳者あとがき」が絶妙。

作家自身についても、作中の元ネタについても、歴史的意義を含めて分りやすく解説している「訳者あとがき」で、しかも単に分かりやすいだけでなく、大文字の概念を正面きって取り扱うような、ある種のSF小説への愛まで感じさせる名文(朝日新聞での「重力と磁力の発見」書評のロマンチックさに通じるノリ)を読んでしまうと、それ以上、何を書いても全て解説のパクリみたくなってしまうのが困りものですが。

反面、ワトスンの長編「マーシャン・インカ」と似たような感じの複数パートが並列する観念的な小説自体が、明快な訳のせいか、難解なのではなく、単に未整理なだけな印象。

イーガン「ワンの絨毯」を連想しなくもない、妙な目的の宇宙人が出てくるファースト・コンタクトのパートは面白いですが、学者議論パートは正直、退屈だったかな。

今、SF的にも、外SF的にも重要作家とは言いがたい「イアン・ワトソン」の処女作が訳出される意義を訳者自身が捻出しようとしているのかも、なあ>名「訳者あとがき」。

|

« バックオーライ! | Main | 「魔法少女リリカルなのはサウンドステージVol.1」/「ダ・カーポVocal SelectionVol.2My Little Wish」/Snoop Dogg「R&G (Rhythm and Gangsta) The Masterpiece」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/2152382

Listed below are links to weblogs that reference イアン・ワトソン著「エンベディング」を読みました。:

« バックオーライ! | Main | 「魔法少女リリカルなのはサウンドステージVol.1」/「ダ・カーポVocal SelectionVol.2My Little Wish」/Snoop Dogg「R&G (Rhythm and Gangsta) The Masterpiece」 »