« 健康シューズ「ロシオ」を履いてみました。 | Main | サンボマスター「サンボマスターは君に語りかける」/Carole king「writer」/スペシャルアザース「ベン」 »

SFマガジン2005年3月号「2004年英米SF受賞作特集」/佐藤亜紀「天使」

SFマガジン2005年3月号「2004年英米SF受賞作特集」
ヴァーナー・ヴィンジ「クッキー・モンスター」はいかにも「マイクロチップの魔術師」の作者らしい、コンピュータねたと古典的SFの融合話。
ジェフリー・ウォード「アイスクリームの帝国」は芸術家とドラッグの幻覚小説が定番チックにまとまっていますが、それだけかも。
マイクル・スワンウィック「時の軍勢」は、奇妙な仕事、というショートショート風冒頭から、スケールの大きさが楽しかったです。アップルという言葉で何を連想するかで何時代人か判断する、というネタには笑った。けど、ビートルズは歴史に残らなかったのかなぁ。

特集以外だと、山田正紀「イリュミナシオン 君よ、非情の河を下れ」は連作、となっているが話が全く終わっていないので不定期連載かも。アメリカがゲリラに勝てない理由は宇宙人がバックに付いてるから、という珍妙設定がどうなるのか。目標としてるらしい「ハイペリオン」2部作が持つ綺麗な大風呂敷の畳み方とは、正反対の発散系資質の作者だからなぁ。ファン的にも不安。
田中啓文「罪火大戦ジャン・ゴーレ」の第二回は、グロ設定を支えるSFテクノロジーガ徐々に明らかになっていき、描写だけじゃないので今んところはOK。

佐藤亜紀「天使」
ヨーロッパを舞台にしたエスピオナージュ物を翻訳臭い主語強調文体で。美学バリバリながら、強いのか弱いのか良く分からない主人公の設定は、「レオン」のシチュエーションを再現するために設定と物語を作った「ガンスリンガー・ガール」に通ずる不自然さなので、文体に酔えず「鏡の影」挫折した人には、読むのがつらい話、ではあります。終盤登場する親父以外はキャラも淡泊。
大江健三郎「同時代ゲーム」を連想させる奇妙な話が魅力的だった「戦争の法」は好きだったんですけれど。

|

« 健康シューズ「ロシオ」を履いてみました。 | Main | サンボマスター「サンボマスターは君に語りかける」/Carole king「writer」/スペシャルアザース「ベン」 »

SFマガジン」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/2735353

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2005年3月号「2004年英米SF受賞作特集」/佐藤亜紀「天使」:

« 健康シューズ「ロシオ」を履いてみました。 | Main | サンボマスター「サンボマスターは君に語りかける」/Carole king「writer」/スペシャルアザース「ベン」 »