« トマス・M・ディッシュ「アジアの岸辺」 | Main | 健康シューズ「ロシオ」を履いてみました。 »

オーガニック・グルーヴ(アンティバラス・アフロビート・オーケストラ/スペシャルアザース)

渋谷 O-EASTにて、アンティバラス・アフロビート・オーケストラを観てきました。終演時間(後述)や、18歳未満入場不可とのチケット記載から伺えるクラブ系のイベントらしい、オーガニック・グルーヴの一環として、でしたが要はライブ。

サポート(前座)のスペシャルアザースは、キーボードの人が中心となった同じフレーズを全力で弾き続けるインストバンド。ギターのぽろぽろとつま弾く感じが印象的で、メデスキ・マーティン&ウッドあたりのジャムロックに近いはずのスタイルながら、日本人が演ると叙情性がにじみ出るというか、メロ指向というか、プログレっぽくなってしまうなぁ、と。そういうの正直好みなので、CD買ってしまいました。

本題の、アンティバラス・アフロビート・オーケストラは全員新作アルバムジャケットにもあった、白赤縦縞帽子での登場。ちょっと驚きました。

ただ、音楽自体は10人以上(壷叩くだけの人とか含む)の大所帯ながら、演奏していない人が多くてソロ中心の展開。なので音数少なし。UB40的唯一の黒人ボーカルの人の歌が、声量はあるものの、やや大味なこともあって、ホーン隊のソロパートのフュージョンちっくなフレーズを聴くしかなくなっていて、いかにも白人ジャズ(2%ファンク)バンドな感じ。

フェラ・クティ「NO BUNREI」のカバーではテンション高くて盛り上がったので、他の曲でのNYおジャズ風味はバンドによる意図的な選択だと思いますが、アフロな反復グルーブを期待していたので少々残念でした。

もっとも、社会人にも優しい開演20:00開始なのでしょうがないとはいえ、終演24:30は体力的に無理だった為、結局23:00位で中座してしまったから、後半わかんないのですけれど。

|

« トマス・M・ディッシュ「アジアの岸辺」 | Main | 健康シューズ「ロシオ」を履いてみました。 »

ライブ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/2675657

Listed below are links to weblogs that reference オーガニック・グルーヴ(アンティバラス・アフロビート・オーケストラ/スペシャルアザース):

« トマス・M・ディッシュ「アジアの岸辺」 | Main | 健康シューズ「ロシオ」を履いてみました。 »