« コニー・ウィリス「航路」 | Main | Rie fu「Rie fu」/KEB'MO'「PEACE...BACK BY POPULAR DEMAND」/フジファブリック「銀河」 »

「戦闘妖精少女 たすけてメイヴちゃん」/「アイ・ロボット」

SF小説由来のDVD×2。原作とは遠く離れたのは共通ながら、出来は大違い。

「戦闘妖精少女 たすけてメイヴちゃん」
酷い作り。

そもそも、一発ネタのくだらない企画のわりに、げんしけん風オタ自虐ネタで照れ隠しをしたため、20分のアニメなのにテンポが悪い驚異的なつくりに。

美少女設定数が多すぎたせいでもありますが、そこにメリハリ付けないのは、製作担当の(設定過多の割に盛り上がらなかった)「ストラトス・フォー」スタッフの悪い癖か。小ネタのつもりで神林長編タイトル引用した台詞唐突に出されても、こうテンポが悪いと、笑えませんし(地に足のついてない不安定な設定には、神林の失敗作らしさがある、ともいえますが、失敗作じゃ拙いでしょう)。

話以外の部分でも、戦闘機少女ならでは、を感じさせるアニメーションのアイデアもなく、ただ、空に浮かんでるだけの動かない絵では魅力無し。

悪役:岩田光央のテンションと、大原さやかのおっとり声は良いですが、それはドラマCDで十分。

「アイ・ロボット」
ウィル・スミス刑事対CGロボ軍団の快作。

原作読み直し予習までしたのに、劇場公開時になんとなく観そびれてしまったDVD。アシモフ原作シチュエーションからの引用もあるものの、基本的にはオリジナル。

バーチャファイター4風ゆらゆら動きで人間モドキ味を強調したCGロボはキモいです。が、しかし、それが逆に、ロボと対決する(「バッド・ボーイズ」でウィル・スミスが演じた役柄を連想させる、無頼を気取っているが実はイイ奴、な)主人公に感情移入させる作りになっています。

マザー・コンピュータや、工事用巨大ロボの暴走といったSFお約束と、太った黒人刑事上司、自分のせいで人が死んでいるトラウマ、といった刑事物お約束の力もあって、110分を飽きさせることなく、綺麗に纏まっています。

そして、ウィル・スミス退場後、ラストの絵には、SFっぽい感動も。

|

« コニー・ウィリス「航路」 | Main | Rie fu「Rie fu」/KEB'MO'「PEACE...BACK BY POPULAR DEMAND」/フジファブリック「銀河」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/3082944

Listed below are links to weblogs that reference 「戦闘妖精少女 たすけてメイヴちゃん」/「アイ・ロボット」:

« コニー・ウィリス「航路」 | Main | Rie fu「Rie fu」/KEB'MO'「PEACE...BACK BY POPULAR DEMAND」/フジファブリック「銀河」 »