« SF JAPAN 2005 SPRING号 | Main | 遠藤淑子「マダムとミスター1」/吾妻ひでお「失踪日記」/石川賢「超護流符伝ハルカ」 »

SFマガジン2005年5月号ニュー・ウィアード・エィジー英国SFの新潮流」

最近読んだSFマガジン

要は英国SF特集。解説によるとニュー・ウィアード・エィジとは「ジャンルが起こる前に名前を付けた」のだが、なかったようなもの、な用語だとか。そのあざとさは、ニュー・ウェーブ・リバイバルとかで自作自演を続ける英ロック雑誌NMEに通じるものが...

小説4本の中では、ニール・ゲイマン「エメラルド色の習作」が、ホームズとラブクラフトホラーの出会いをテーマにしたアンソロジー、ってゆう無理のあるお題に、オルタネートヒストリーできっちり纏め、しかも意外性もある快作で、さすがはヒューゴー賞受賞作といったところでしょうか。

特集以外では、山本弘「メデューサの呪文」は(「ケルベロス5つの首」リスペクトものか?)叙述トリックが解らなかったので、幻詩狩り、モンティ・パイソン系の話にしか見えず。田中啓文の連載「罪火大戦ジャン・ゴーレ」は宇宙SF設定の無駄遣い振りが好調(今回はグロもないし)。浅倉久志セレクションのジェイシー・カー「ウェブ・ライダー」は、超常能力者の未開惑星休暇というネタが、特集収録作(ニール・アッシャー「帰休兵」)と被ってしまったのがアンラッキーだったかも。

|

« SF JAPAN 2005 SPRING号 | Main | 遠藤淑子「マダムとミスター1」/吾妻ひでお「失踪日記」/石川賢「超護流符伝ハルカ」 »

SFマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/3449456

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2005年5月号ニュー・ウィアード・エィジー英国SFの新潮流」:

« SF JAPAN 2005 SPRING号 | Main | 遠藤淑子「マダムとミスター1」/吾妻ひでお「失踪日記」/石川賢「超護流符伝ハルカ」 »