« 山田正紀「神狩り2 リッパー」/桜庭一樹「赤×ピンク」 | Main | SFマガジン2005年5月号ニュー・ウィアード・エィジー英国SFの新潮流」 »

SF JAPAN 2005 SPRING号

判型も小さくなって、また、リニューアル?な最近読んだ「SF JAPAN」誌

表紙に名前が載ってるのはインタビュー・対談ばかりだけれど、そこでは特に驚くような話はなし。なので、収録作の感想。

ファンなので期待していた吉川良太郎「ピーターパン・ホームシック・ブルース」は前号から始まった一芸超能力者バトルものシェアード・ワールド「憑依都市」の一作ながら、仏蘭西ネタこそないものの、ブンガク風見立てにみられる、幼稚なスタイリッシュぶりと、スピード感有る戦闘描写はいつもの吉川で安心。今回は一芸キャラのキャラ登場編という面白必須の場所でも有る訳だし。

森岡浩之「優しい煉獄IV−罪人も憩う街」はネットゲーでいうならPK話、というありがちネタながら、作者の短編集を想起させるキッチリとした纏めぶり。

なかせよしみ「エリカさんの狂発明日記」は他愛もない美少女絵のマッドサイエンティストもの4コママンガですけど、顔の見える野菜の話は、絵ならではの直接性もあり面白かったです。

|

« 山田正紀「神狩り2 リッパー」/桜庭一樹「赤×ピンク」 | Main | SFマガジン2005年5月号ニュー・ウィアード・エィジー英国SFの新潮流」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/3425930

Listed below are links to weblogs that reference SF JAPAN 2005 SPRING号:

« 山田正紀「神狩り2 リッパー」/桜庭一樹「赤×ピンク」 | Main | SFマガジン2005年5月号ニュー・ウィアード・エィジー英国SFの新潮流」 »