« OSIBISA「Osibisa/Woyaya」/三浦大知「Keep It Goin'On」/木村カエラ「リルラリルハ」 | Main | 2005年4月期アニメ第1話感想その1 »

ウィル・マッカーシー「アグレッサー・シックス」

最近読んだSF。

地味リタリーSF。ラスト50ページまで苦行。

表紙のプレイガールQな感じと、ミリタリーSFという売り文句をみれば、秘密兵器&「ここは俺に任せろ」の痛快冒険のりかと思いきや、、、

エイリアンの思考をシミュレートする主人公チームの試行錯誤と、敗北直前の宇宙軍人のささくれ立った心情描写が延々と続く、地味というか、辛気臭い小説でした。作者の人物描写が下手なせいか、あるいは主人公らがシミュレートしているエイリアンの思考の異質さを際立たせる意図か、何も起こっておらず、変わったアイデアがある訳でもないのに、非常に読みにくい小説になっています。

ラスト50ページで謎が明かされ話は解決しますが、キャラ描写がろくにされていないのと、それまでのウダウダした展開と謎の間に関係が全くないので、唐突すぎる「終わり。」を突き付けられた印象。主人公が戦場トラウマとか、「宇宙戦艦ヤマト」ばりに唐突に出てくる戦争批判も前後とつながっていないので、単に言ってみただけに終わってるし。

訳者後書きによると、エンジニア上がりで、ハードSFアイデアを他の小説やノンフィクションで展開している作者が、地上戦を宇宙に置き換え型戦争SFへのアンチな意図で書いた小説らしい(いまさら、スペオペの安直さ批判かぁ)ので、小説方面が下手という、「ハードSF作家」の弱点ばかりが強調されてしまった結果かも。

|

« OSIBISA「Osibisa/Woyaya」/三浦大知「Keep It Goin'On」/木村カエラ「リルラリルハ」 | Main | 2005年4月期アニメ第1話感想その1 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/3532412

Listed below are links to weblogs that reference ウィル・マッカーシー「アグレッサー・シックス」:

« OSIBISA「Osibisa/Woyaya」/三浦大知「Keep It Goin'On」/木村カエラ「リルラリルハ」 | Main | 2005年4月期アニメ第1話感想その1 »