« 2005年4月期アニメ第1話感想その2 | Main | 2005年4月期アニメ第1話感想(その3) »

「メテオス」/「エレクトロプランクトン」

最近playしたゲーム。NintendoDS×2

「メテオス」
落ちゲー。「グンペイ」以外はろくにプレイできない落ちゲー音痴なので、正確な画面タップを高速で続けることを最も簡単なモードでも要求される修行ゲーにしか見えず、何を楽しめば良く解りませんでした。理不尽な修行を当然のように強いるのは、なんというか、いかにもSEGAゲーですなぁ、という気が(個性だとも言えるので悪口ではなく)。

「エレクトロプランクトン」
バーチャル水槽ってオサレ癒しものっぽい印象ありましたが(偏見だ)、そういう面もないではないけれど、それだけでもなく、テキトーに画面タップすると音が鳴る、シンセおもちゃ、といったところ。PCや据置機を含めれば珍しくないとはいえ、携帯出来るのは強みでしょうか。あんまり積極的に聴かない、エレクトロニカ(明解メロディ無くチャカポコしたシンセインスト。「オウテカ」「後期YMO」とか?)っぽい音になりますが、自分で操作するってこともあって、飽きずにボケーっと続けてしまいます。

ちょっと、ライフゲーム的な初期配置して(音楽という)反応を見る「タイヨウチュウ」、永久パターン造りがゲームっぽい「ハネンボウ」あたりが好み。

ファミコン音楽という飛び道具をリズムボックス的に使った、なんちゃってシーケンサー(?)「ツリガネムシ」も、テキトーに画面タップすると、(ただ音が出るだけじゃなく)音楽っぽい感じになるのが、楽器弾けない自分には演奏気分が堪能できて楽しいです。面セレクト時の音楽は今となってはsakusakuのブリッジを思い出してしまいますが、それだって、ファミコン音の強い個性が「記憶」を呼び起こすということでもあるわけで、音の面白さを再認識。最近、ちょっと今後音楽を聴いて驚くことが出来るのか不安になったこともあり、新しいCD買う気力が無くなっていた(「永遠にハードディスク内アーカイブ聴いてりゃいいのでは?疑惑」ともいう)のですが、「明日、CD屋行ってみよう、なんか買いに。」って気になりました。

マイクで音声キャプる「レックレック」「ボルボイス」「ナノカープ」あたりは、アイデアは面白いけれど(独りでやってるとちょっと淋しくなるんで)人に見せゲーかも。

|

« 2005年4月期アニメ第1話感想その2 | Main | 2005年4月期アニメ第1話感想(その3) »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/3607763

Listed below are links to weblogs that reference 「メテオス」/「エレクトロプランクトン」:

« 2005年4月期アニメ第1話感想その2 | Main | 2005年4月期アニメ第1話感想(その3) »