« 田村ゆかり・生天目仁美「極上生徒会キャラクターシングルVOL.1」/風味堂「風味堂」/スペシャル・アザース「アンクル・ジョン」 | Main | アニメ等第1話感想(「奥様は魔法少女」/「機動新撰組 萌えよ剣TV」/「ガンソード」/「sakusaku」/「あかほり外道アワーらぶげ」) »

アニメ等第1話感想(「かみちゅ!」/「ウルトラマンマックス」/「ダ・カーポ セカンドシーズン」/「おくさまは女子高生」)

2005年7月期アニメ等第1話感想×4

「かみちゅ!」(火深夜)OP(富田麻帆)声の細い女性高音ネオアコ風、
物の怪の存在が日常化している、という背景の理由説明が無い第1話の内容だと、田舎女子高生日常もの。本作と同じ舛成監督による「臣士魔法劇場リスキー・セフティ」の第12話「大嫌いからはじめよう」に近い感じの、緻密な平穏描写の中に、女の子同士の甘ったるい人間関係をそれとなく予期させるのが見所でしょうか。でも、それだけだと、、、なので作品の面白さは背景説明次第かな。「R.O.D The.T.V」に続いてDVDでは全話コメンタリー(という名の雑談)をまたやってくれるらしいスタッフに期待して、○△。

「ウルトラマンマックス」(土朝)OP(TEAM DASH with Project DMM)タイトル連呼の男声コーラス。
前作ネクサス(憐&瑞生編は初々しいラブコメぶりが気に入っていたので、放映終了一月前に後番組の絵本が発売されているのを本屋で見たときは少し悲しかったですが)の大人向け?路線から徹底的に離れた、新作ウルトラ。
好青年、ウルトラマンに気に入られて変身アイテムを獲得、最初の怪獣撃破、防衛軍入隊、という昭和ウルトラ第1話のお約束を2回CM入り30分でこなした、超段取り展開。ハヤタ&フジ隊員というキャストとM78星雲ワードから漂う復古路線ぶりに、単なる子供向け&懐古以外の何かが見えてくれば良いのですが。△。

「ダ・カーポ セカンドシーズン」(土深夜)OP(CooRie)声の細い女性高音ネオアコ風。
前作終盤での妹の座を奪い合った熾烈な戦いをリセット、ギャグも減らしてエロアップな続編。ヒロイン群紹介の第1話、元はエロゲーの萌えアニメにしても、あんまりな記号性についてゆけず。「メインヒロイン声優が堀江由衣」ポイント加算で△×。

「おくさまは女子高生」(土深夜)OP(川澄綾子)この人には珍しいロックンロール入ったアップテンポな80年代美少女アニメ主題歌風だが、不安定声は健在。ED(川澄綾子・遠藤綾・河原木志穂)オールディズ風。
萌え記号より「ふたりエッチ」あたりを連想させる、青年誌原作特有の直接的な感情が印象的なヒロインの同棲もの。ヒロインが何故男を気に入っているのかを全く説明しないで、語尾「だんなさま。」はともかく、なんのためらいもなく友達に嘘をつく(他の人は全く見えていない、という)好感度MAX状態には、ついていけませんでした。「メインヒロイン声優が川澄綾子」ポイント加算で△×。


|

« 田村ゆかり・生天目仁美「極上生徒会キャラクターシングルVOL.1」/風味堂「風味堂」/スペシャル・アザース「アンクル・ジョン」 | Main | アニメ等第1話感想(「奥様は魔法少女」/「機動新撰組 萌えよ剣TV」/「ガンソード」/「sakusaku」/「あかほり外道アワーらぶげ」) »

アニメ等第1話感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/4816624

Listed below are links to weblogs that reference アニメ等第1話感想(「かみちゅ!」/「ウルトラマンマックス」/「ダ・カーポ セカンドシーズン」/「おくさまは女子高生」):

« 田村ゆかり・生天目仁美「極上生徒会キャラクターシングルVOL.1」/風味堂「風味堂」/スペシャル・アザース「アンクル・ジョン」 | Main | アニメ等第1話感想(「奥様は魔法少女」/「機動新撰組 萌えよ剣TV」/「ガンソード」/「sakusaku」/「あかほり外道アワーらぶげ」) »