« フジロック2005、初日 | Main | フジロック2005へろへろの最終日 »

フジロック2005ギターロック三昧の中日

グリーンの「エディ・リーダー」さんは、前日と同一編成。パーフェクトは名曲ですねぇ。

オレンジでの「レヨナ」は自前バンド版「パレード」が(CDのスペシャルアザース版好きの贔屓目から観るとですけど)技術自慢大会的にパーソネルが色々やり過ぎてグルーブ消えてしまった感あり。

和製レイジ・アゲンスト・ザ・マシーン?な「サファリ」はどの曲も吠えてるだけだったなぁ。メロなし一本調子の曲に吠え声だと雨でホワイトから移動する気がなくなっていなければ見なかったかも。(雨、劇強、朝の天気で安易な予測をして、下半身雨具を宿においてきてしまったことを悔やむことしきり。)なわけで以下ずっとホワイト。

「ハワイアン6」メロコア系。反戦歌といつつ、日本語か英語かも解らない歌なのはなぁ。エルレガーデン以降メロコアに国籍はないことが確定したので出来が良くても驚けず。

「サンボマスター」冒頭MC「外人だけがロックだと思ってる奴は帰れ!」からつかみはOKの大盛り上がり大会。ながら、電車男と英国テロねたがらみの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」後の弾き語りとか、ロッキンオンの投稿原稿のような青臭さがあって、考えた末の「バカ純粋」さがブルーハーツの後継者な気が。(開始前に「ジャクソン・シスターズ」終了後「スタイルカウンシル」かけてて、MC後の長々弾き語り風音楽ファンぶりが山口氏本人の資質なんだろうなぁ。)

「フィーダー」歌、美メロが書けつつ、うるさいギターもある、何か盛りだくさんなグランジ。

「ギャング・オブ・フォー」はサウンドチェックでの、「べべべん、べーん。べべべ」で泣き。1ST曲の披露が中心でにやけまくり。ニューウェーブ世代の懐メロじゃねーか、って説もありますがギターは一応ノコギリっていたので気分よく。ボーカルが電子レンジをバットで殴っていたのは「変なことやるぞ演出」に見えてしまいましたが。

「ダイナソーJR」Jのギターはディストーションの多様といい、70年代ロックっぽいなぁ、と思ったのは肩まで長髪な姿を見たからだけではないはず。サイドボーカルの人が、ニールヤングの裏声っぽい声を出してるのも、クレイジーホース感を強めています。

ダイナソー後、また、雨が強くなってきたので、撤収するのがやっと(次回もし行くなら意地でも苗プリだなぁ、と湯沢行きのバスを待ちながら思いました)。

|

« フジロック2005、初日 | Main | フジロック2005へろへろの最終日 »

ライブ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/5239733

Listed below are links to weblogs that reference フジロック2005ギターロック三昧の中日:

« フジロック2005、初日 | Main | フジロック2005へろへろの最終日 »