« アン・ハリス「フラクタルの女神」 | Main | フジロック2005開場 »

PSP版「スターソルジャー」

ハードがらみの難点はさておき、スクロールのシューティングゲームが携帯機で遊べることを素直に喜ぼう

タッチパネルという安直な新趣向を出せるDSと違って、PSPには目新しい、っぽい作品が見あたらないこともあって、1ST IMPRESSION以来、ほぼ、PSPに電源入れて無かったら、内部時計が初期化されていて苦笑。そんな状態ですので、例のシステムソフトウェアアップデートも初めて。エミュレータ関連に関心が無いし、アップデートしないとゲーム自体が遊べないので、アップデートに否やはないのですが、やり方は、も少し解りやすくマニュアルに(ゲームのマニュアル読むの嫌いなので出来ればゲーム内に)書いておいて欲しかったです。AC電源を接続して無いとアップデート用アイコン自体が出てこないのに気付かず(「AC電源を入れて下さい」ではなく)「アップデートをして下さい」メッセージだけ出されて、ゲームが出来ない状態が続くと、少々苛立ってしまいました。

そんなことはともかく、ゲーム自体について。

PSPの横長画面を通常から90度回すことで縦シュー画面を再現する、という奇策の新鮮さに釣られて手を出してしまった本作「スターソルジャー」ですが、この策には無理がありました。SHOTボタンが十字キーの逆側に有るPSPだと、液晶を挟んで対角線位置を抱える、という不安定極まりない持ち方をすることになります。すると、shotボタンを押す手の位置がずれたりすると画面が手で隠れてしまい、ちょっとゲームになりません。反射神経を使うゲームで手の位置とか考えながらプレイするのは、慣れないと厳しいです。SHOTボタンを不要にする弾自動連射モードで今んとこやっているのですが、「ボタンを押すと弾が出る」という基本ルールを否定しちゃうと、シューティング気分に欠けますし、弾を撃つタイミングを考えるべき敵も居るので、shotボタン押したいんですよねぇ。

ま、ごたごた愚痴ったものの、携帯機用縦シューは、海外のみ発売のイリディオン2にも手を出すぐらいに好きなので、移植ものに特有な画面比由来の縮小感の無い縦シューが美麗なPSP画面で出来る、ってだけでそれなりに喜んでしまうのでした。シリーズ定番の2分モード、5分モードでちょっとした短時間でも手軽に遊べますし(極める気無い人だってのが明白)。

|

« アン・ハリス「フラクタルの女神」 | Main | フジロック2005開場 »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/5189084

Listed below are links to weblogs that reference PSP版「スターソルジャー」:

« アン・ハリス「フラクタルの女神」 | Main | フジロック2005開場 »