« 本田透「キラ×キラ 僕と先輩とへんないきもの」/紫堂恭子「不死鳥のタマゴ(1)」 | Main | Rick Wakeman「The Six Wives Of Henry VIII」/John Williams and the Boston Pops Orchestra「StarWars:Main Title」 »

TV「アストロ球団」/映画「魁!!クロマティ高校」/映画「姑獲鳥の夏」

「映像化不可能」と思われていただけのことはある、無理無理感に脱力な実写版×3

TV「アストロ球団」(水深夜)
ゲスト出演にしては長い古田の台詞のつたなさはともかく、野球シーンの素人っぽさと、キャストの薄っぺらさは、バラエティ臭さ炸裂。冒頭の包帯撒いて登場とか、原作準拠だったと思いますが、少年マンガならではの勢いで通り過ぎていたものを、安っぽい画像で見せられると、悲しすぎ。×

映画「魁!!クロマティ高校」2005.08.13渋谷シネセゾンにて鑑賞。
前半のキャラ紹介パート、後半のオリジナルパートともに、のっぺりした展開で、ひたすらハズしていた印象。勿論、アニメ「あずまんが大王」「苺ましまろ」と同じく、間の悪さを脱力系ギャグにしている4コマ的作品を、時間の流れが一定の映像にコンバートすることの難しさ、という問題の前に轟沈してます。

本作と同じ山口監督による漫☆画太郎「地獄甲子園」の映像化はDVD買うくらいに面白がっていましたし、野球勝負ものと、不良ものの違いはあるとはいえ、往年の少年マンガ的なものに対する(シドヴィシャス版「マイウェイ」的)悪意あるカバーな作品ってところでは共通している訳で期待していたんですが、「地獄甲子園」では、カバーの映像化という再解釈の再解釈の中で消えそうになる「往年の少年マンガ的なもの」を主演坂口拓の暑苦しさが体現していたところが良かったのか、と。本作の場合、淡々としてる主人公が、普通の人っぽくて、フレディやメカ沢よりも実は異常なのに淡々としてる、ように見えないのでした。
笑いについては特に鈍感なわたしが笑えないのはともかく、ゴリラ繋がりで出した「宇宙猿人ゴリ」をただの敵役としてしか使わないところは、オタク系とは縁遠いギャグセンスな感じにはスノッブ臭さも漂うのは×。

映画「姑獲鳥の夏」2005.08.14新宿シネマミラノにて鑑賞。
京極堂から民族学がらみの蘊蓄とか偉そうな詭弁とか抜いたら、変人っぽさが減ってしまい、同じ堤真一が演じた「ローレライ」の敵キャラみたく、何故かカリスマだけはある「名探偵」に堕してしまった印象。名探偵を魅力的に見せる装置役である関口役の永瀬正敏が、無能オドオド君度がない普通の人っぽいせいもあり、キャラの魅力が激減してるのは、話自体はアレな、このシリーズの映像化としては拙いでしょう。榎木津のパロディであったTRICK上田次郎役からの連想されたキャスティング?な阿部寛は好きな俳優ですけれど、残念ながら、榎木津のイメージである「無敵の王子様」っぽさは無いわけで。現実の人間に求めるのは酷かもしれませんが。

原作イメージと違っても別な魅力が有ればよいのですが、、原作を離れて江戸川乱歩的耽美ばりばりってほど強烈な映像もない(三輪ひとみの死体画像ぐらい?)し、関口メインの悲恋ものとして観せたいのかな、とも思いますけれど、原田知世のヒロインも特に惹かれるものがない(裏設定以外)普通の人なのが痛いところで、何を喜んで観ればよいのかよく分かりませんでした。


|

« 本田透「キラ×キラ 僕と先輩とへんないきもの」/紫堂恭子「不死鳥のタマゴ(1)」 | Main | Rick Wakeman「The Six Wives Of Henry VIII」/John Williams and the Boston Pops Orchestra「StarWars:Main Title」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/5520280

Listed below are links to weblogs that reference TV「アストロ球団」/映画「魁!!クロマティ高校」/映画「姑獲鳥の夏」:

» 「祝え、アストロバースデー!」 [大日本山岳部]
今回は僕の誕生日記念として、そしてアストロドームに一番槍で駆けつけてくれた辻堂軍団枝ちゃんとの約束を果たすため、最終特例として先日のアストロ応援の記事を掲載しようと思います。 先日の7月6日に続き、7月14日、既報通り再びドラマ「アストロ球団」収録のた... [Read More]

Tracked on 2005.08.20 at 08:54 PM

« 本田透「キラ×キラ 僕と先輩とへんないきもの」/紫堂恭子「不死鳥のタマゴ(1)」 | Main | Rick Wakeman「The Six Wives Of Henry VIII」/John Williams and the Boston Pops Orchestra「StarWars:Main Title」 »