« フェラ・ランサム・クティ・アンド・ヒズ・クーラ・ロビトス「ハイライフ・ジャズ・アンド・アフロ・ソウル (1963-1969)」/Co-Fusion「Hot! Hot!(Radio Edit)」/Sigur Ros「Glosoli」 | Main | SFマガジン2005年11月号「地球環境問題SF特集」 »

限定レイトショー「雄大祭 てばなとめいたんてい」

「魁 !!クロマティ高校」は少々残念なデキだった山口雄大監督の初期作品集×2+トークショーを観てきました。

小品ですが、「魁!!クロマティ高校」や、同じ雄大監督の「地獄甲子園」で、暑苦しさと間抜けさが同居する番長ぶりが填っていた坂口拓が主役なだけあって、面白かったです。

「手鼻三吉と 2 (トゥワイス) 志郎が往く」シリーズ
ハッピに鉢巻といういでたちの坂口拓と繰り返しが口癖の子分が、事件に巻き込まれる、というフォーマットが決まっている以外は、思いつきで撮ったような勢いだけ寸劇ですけれど、この種の映画にありがちなダラダラと長くなることなく、勢いが途切れる前に終わるのはさすが。異常なまでの繰り返しを照れ無く演じる坂口拓の存在感が勢いのようなものに繋がっているかと。子分の汚らしさはわたしの趣味からは外れるのですけれど。

「名探偵・一日市肇」
モノクロ画像で、レトロ風名探偵もののパロディ連作。こちらのほうは思いつきって感じじゃなく、綺麗に纏まっていますが、ただ雰囲気だけって訳ではなく、坂口拓演ずる名探偵がカッコをつけまくっているけれども犯罪低減の役に全く立っていないか、共犯じゃ、、、という解りやすい落ちがあるギャグなので、飽きずに観られます。呪いの(?)人形話が面白かったです。

トークショー自体はリードする人がいないせいで間の悪い感じでしたが、途中で上映した、着ぐるみヒーロー物『MEATBALL MACHINE』の予告編は、塚本晋也監督の「鉄男2」をちょっと思い出すような生々しさで、少々惹かれるものがありました。

2005.09.23渋谷シネクイントにて鑑賞。

|

« フェラ・ランサム・クティ・アンド・ヒズ・クーラ・ロビトス「ハイライフ・ジャズ・アンド・アフロ・ソウル (1963-1969)」/Co-Fusion「Hot! Hot!(Radio Edit)」/Sigur Ros「Glosoli」 | Main | SFマガジン2005年11月号「地球環境問題SF特集」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/6150036

Listed below are links to weblogs that reference 限定レイトショー「雄大祭 てばなとめいたんてい」:

« フェラ・ランサム・クティ・アンド・ヒズ・クーラ・ロビトス「ハイライフ・ジャズ・アンド・アフロ・ソウル (1963-1969)」/Co-Fusion「Hot! Hot!(Radio Edit)」/Sigur Ros「Glosoli」 | Main | SFマガジン2005年11月号「地球環境問題SF特集」 »