« SFマガジン2005年10月号「ロボット特集2005」 | Main | Kanye West「Late Registration」/椿屋四重奏「プロローグ」 »

荻原規子「西の善き魔女VI 闇の左手」(中公文庫)

旧世代少女小説/少女マンガ的なキャラクターにも寄りすぎず、ハイファンタジィらしい背景にも凝り過ぎない、ところが気に入って、1巻から文庫化されるごとに読み続けてきた、「西の善き魔女」正伝の最終話を読了。ラストも、この作品らしい読後感に満足しました。

ちょっと巻きが入ったかのような急展開で、ドラゴンとユニコーン騎士の戦い、国家戦争、女王選定ゲームの決着と、その裏に潜む陰謀、そして、世界創世の秘密まで。

その「世界創世の秘密」自体は、まぁ、言ってしまえばサイエンスファンタジィ落ちな訳ですけれど、別にそのSF臭さに点を甘くしていると言うことではなく。ファンタジィ的な、魔法が世界を規定する型運命論とは正反対の、世界に自由意志で到達できないものはないのだ、というポジティブさを、くじけず快活な旧世代物語的「主人公」が持っていて、そこに、好感が持てるからだと思います。

最終巻で、敵側の人も、みんな善人になってしまう展開も、ユルイっちゃユルイのですけれど、ポジティブな主人公の物語を気持ちよく祝福できるので、本作だとありかな。

正直、読みやすくて面白いけれど、予定調和運命落ちか、メタフィクション落ちだろうなぁ、と思ってたので嬉しい驚きでした。残り2冊の外伝も楽しみ。

|

« SFマガジン2005年10月号「ロボット特集2005」 | Main | Kanye West「Late Registration」/椿屋四重奏「プロローグ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/5757868

Listed below are links to weblogs that reference 荻原規子「西の善き魔女VI 闇の左手」(中公文庫):

« SFマガジン2005年10月号「ロボット特集2005」 | Main | Kanye West「Late Registration」/椿屋四重奏「プロローグ」 »