« キース・エマーソン来日公演 | Main | Fate/Hollow Ataraxiaを買ってきました »

諸星大二郎「諸怪志異 (4) 燕見鬼」/久世番子「暴れん坊本屋さん(1)」

最近読んだマンガ
諸星大二郎「諸怪志異 (4) 燕見鬼」
「桑田乃梨子最新刊」とか「わかつきめぐみ最新刊」みたいな帯のついた本を見ると、「それが一番言いたいことなのか?」と疑問に思ってしまいます(いや、わたしのようなアンテナ低い固定客に作品を届きやすくするという意味では大正解、なのは解ります。解りますけど…)。本作の帯も「6年ぶりの新巻」。うーむ。中国伝奇シリーズとしては、ということで、中国伝記物以外では「私家版鳥類図譜」とかあったわけですけど、いずれにせよ、久々の諸星作品であることは確かです。

前巻から続く予言書「推背図」の奪い合いはまだまだ続く、という話は全然終わっていませんけど、面白いから問題なし。活劇であるということもあり、登場する女豪傑のキャラや、天罡星・地煞星っぽい予言書の位置づけに「西遊妖猿伝」を思い出しました。

久世番子「暴れん坊本屋さん(1)」
本屋の内幕物ということで思い出すのは、早川義夫「ぼくは本屋のおやじさん」の仙人的暗さですが。本作はレポマンガですし、文学的暗さはないです。当世風自虐ノリ&エロ(ヤオイ)ねたを落ちとして使う業界話な辺りは「タイガーブック」と似た読後感でした。本屋ネタには興味がありますから興味深く読めました。ただ、第13刷「星に願いを発注を」での取次&「amazonがあるじゃん」ネタは、書店サイドのシャレにならない本音が現れている気が…

|

« キース・エマーソン来日公演 | Main | Fate/Hollow Ataraxiaを買ってきました »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/6555283

Listed below are links to weblogs that reference 諸星大二郎「諸怪志異 (4) 燕見鬼」/久世番子「暴れん坊本屋さん(1)」:

« キース・エマーソン来日公演 | Main | Fate/Hollow Ataraxiaを買ってきました »