« SFマガジン2005年12月号「ニュー・スペース・オペラ特集」 | Main | 諸星大二郎「妖怪ハンター 魔障ヶ岳」/チャールズ・シェフィールド「マッカンドルー航宙記 太陽レンズの彼方へ」 »

「田村ゆかり*Cutie Cutie Concert*2005」に行ってきました

あっという間の2時間20分。

ときメモ2の曲から最新シングル「Spiritual Garden」までのベスト盤的カラオケライブで、「さまあらいぶ☆2004 Sugar Time Trip」の2005年アップデート版という感じ。

距離のある2階席への配慮でしょうか、上の方をずっと見あげて歌っていたのが印象に残っています。

当方、かなり前の方の1階席だったのですが、はじっこだったのと、会場の東京国際フォーラムホールAの傾斜が少な目なこともあって、ステージはあまり良く見えず。結局、大規模コンサートならでは、の巨大スクリーンを見てることのほうが実は多かったりしたのですが。もちろん、サイリウム振りやジャンプに精一杯で、のんびりステージを見ている余裕がない時も多い参加型イベントですし、スクリーンでのイメージ映像を「『夜ヒット』みたい」なんてMCで笑わせてくれて、疎外感なく楽しめる、ゆかりんコンサートですんで、問題という訳ではなく。

moon写真は、ファン企画「月の雫ぷろじぇくと」用に、わたしも持参した黄色サイリウム(使用3時間後)です。ファンの当事者意識と、アンコール1曲目という客側が対応しやすい場所に「Little Wish」を持ってきてくれた主催者側の配慮もあって、会場中が綺麗に黄色のサイリウムで染められる大成功で、めでたしめでたし。その1本に参加できたことが嬉しかったです。

今は、今回のライブ使用曲でiTUNESのセットリストを作ったりして余韻を楽しみつつ(北野武「Dolls」深田恭子オタ妄想コンサート編みたい。さすがに、踊ったりはしませんけれど、無意識にコールを呟いていたり…)。

|

« SFマガジン2005年12月号「ニュー・スペース・オペラ特集」 | Main | 諸星大二郎「妖怪ハンター 魔障ヶ岳」/チャールズ・シェフィールド「マッカンドルー航宙記 太陽レンズの彼方へ」 »

田村ゆかり」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/7133156

Listed below are links to weblogs that reference 「田村ゆかり*Cutie Cutie Concert*2005」に行ってきました:

« SFマガジン2005年12月号「ニュー・スペース・オペラ特集」 | Main | 諸星大二郎「妖怪ハンター 魔障ヶ岳」/チャールズ・シェフィールド「マッカンドルー航宙記 太陽レンズの彼方へ」 »