« 映画「阿羅漢」 | Main | The Pharcyde「Sold MY Soul」/東京事変「修羅場」/THE WORD AT WORST「路傍の意志」 »

ゲーム「Fate/hollow ataraxia」

本記事には「hollow ataraxiaのネタばれがあるかもしれません」、と最初にお断りしておいて。

購入以来、アニメ消化をほったらかして30時間、「Fate/hollow ataraxia」達成率100%に到達。ミニゲームは別として、選択肢を総当たりで読み潰していくだけのノベルゲームは「クリア」より、読了といった感じ。以下、感想です。

ファン・ディスクという触れ込みでしたが、単なるミニゲーム&データ集という訳ではなく、前作Fateの後日談的なパラレルワールドを舞台とした、ひとつの物語になっています。Fateの2周目、3周目も、1周目のパラレルワールドみたいなものですし、違和感はなく4周目として読むことができました。

ギャルゲー後日談ものというと、わたしの記憶に残っているのは「サクラ大戦4」ですが、「Fate/hollow ataraxia」は、女性キャラ勢揃いのお祭り的楽しさと、引退というラストに、祭りの後のシリアスも、ちょっとだけあった「サクラ大戦4」に近い印象を受けました。

お祭り的部分で主に活躍するのは、ランサーライダーキャスターといった前作では本筋と無縁だった脇役キャラたちで、前作メインキャラはSDキャラ表示が似合いそうな位置づけ、そして、お祭り部分以外を新キャラが担当しています。

男性新キャラと、前作設定資料集にのみ載っていた女性キャラが担当するメインストーリーは、「ビューティフル・ドリーマー」的夢のループ世界からの脱出という、結構シリアスなもの。ですが、キャスター間桐臓硯といった諸悪の根源キャラでさえ、退場シーンでは「実はいい人」的描写が入る、甘い作風の前作と同様、本作の新キャラも全員、偽悪的振る舞いをしていただけの心優しきいい人で、脱出は新たなるスタートという、気持ちの良い大甘ラスト。正直、肌色サービスやキャスター新婚ネタには、「楽しいんですけれど、二次創作本でありそうなネタをパロディ元がわざわざ造らなくても…」という気もしていたのですが、本作のラストは奈須きのこ節健在といったところ。

ただ、次作も読むつもりですけれど、本作のラストがファン・ディスクという楽しい世界から、新たなる作品へ向かっていく作者らの決意表明であって欲しいですね。次作がFateのPS2移植とかだったら、嬉しい反面、少し淋しい気もしますし。

どうしても「サクラ大戦」での「こいこい大戦」を連想してしまう、作中キャラと花札で対戦するミニゲーム「トラぶる花札道中記」は、ちょっと1ゲームに時間がかかりすぎる感はありますが、キャラに思い入れあることもあって、結構楽しめます。さすが伝統ゲームといったところでしょうか。

|

« 映画「阿羅漢」 | Main | The Pharcyde「Sold MY Soul」/東京事変「修羅場」/THE WORD AT WORST「路傍の意志」 »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

クリアおめでとうございます。
個人的には、終盤より中盤のデッドブリッジが一番燃えたというのは内緒です(笑)

Posted by: taky | 2005.11.11 at 02:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/7005428

Listed below are links to weblogs that reference ゲーム「Fate/hollow ataraxia」:

« 映画「阿羅漢」 | Main | The Pharcyde「Sold MY Soul」/東京事変「修羅場」/THE WORD AT WORST「路傍の意志」 »