« Riddim Saunter「CURRENT」 | Main | John Lydon「The Best of British £1♫ 'S」 »

2006 オールタイム・ベストSFにメール投票

期限の12/24ギリギリですので有効票になってるか解りませんけど、ハヤカワのサイトで、2006 オールタイム・ベストSFにメール投票してみました。

洋邦×(長編、短編、作家)の計六部門を5点づつ。しかし、5つ、というと結構悩みますね、こういうの。今、選ぶ訳ですし、懐古より、今、読み返してみたい作品という観点でセレクト(しようとしたのですが、結局、思いついたのを並べただけ)。

作家の評価=著作の評価だと思うので、作品部門以外に人気投票みたいな作家部門はどうか、という気もしたのと、作品部門とダブるのも癪なので、作家部門のベスト1は、エッセイ(筒井「狂気の沙汰も金次第」、アシモフ「ヒューゴー・ウィナーズ 世界SF傑作選」の前説)に対して。

確認のため(何を?)、「ソラリスの陽のもとに」を読み返してみたら、すごく読みやすかったのに驚き。泰平ヨンシリーズとかから、読みにくい作家な印象を持っていたので。全集にも手を出そうかな。そして、押しかけ女房ハリーが19歳だったのにも驚き。映画のスチールから、もう少し落ち着いた年齢の印象を持っていたので。

ーー以下投票用紙のコピーーーー

国内長篇ベスト5
1.山田正紀「顔のない神々」
2.眉村卓「司政官」
3.かんべむさし「サイコロ特攻隊」
4.京極夏彦「魍魎の筺」
5.宮部みゆき「龍は眠る」

国内短篇ベスト5
1.小林恭二「電話男」
2.中井紀夫「電線世界」
3.森下一仁「コスモスホテル」
4.梶尾真治「百光年ハネムーン」
5.乙一「しあわせは子猫のかたち」

国内作家ベスト5
1.筒井康隆
2.夢枕獏
3.倉田英之
4.堀晃
5.岩本隆雄

海外長篇ベスト5
1.ブルース・スターリング「ネットの中の島々」
2.スタニスラフ・レム「ソラリスの陽のもとに」
3.A・C・クラーク「幼年期の終わり」
4.ダン・シモンズ「ハイペリオン」
5.グレッグ・イーガン「順列都市」

海外短篇ベスト5
1.フレドリック・ブラウン 「スポンサーから一言」
2.ローレンス・ワット=エヴァンズ「ぼくがハリーズ・バーガー・ショップをやめたいきさつ」
3.ボブ・ショウ「モナ・リザ狂想曲」
4.ジーン・ウルフ「ケルベロス第五の首」
5.ハーラン・エリスン「世界の中心で愛を叫んだけもの」

海外作家ベスト5
1.アイザック・アシモフ
2.ニール・スティーブンスン
3.バリントン・ベイリー
4.フィリップ・K・ディック
5.ジョージ・R・R・マーティン

|

« Riddim Saunter「CURRENT」 | Main | John Lydon「The Best of British £1♫ 'S」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/7896748

Listed below are links to weblogs that reference 2006 オールタイム・ベストSFにメール投票:

« Riddim Saunter「CURRENT」 | Main | John Lydon「The Best of British £1♫ 'S」 »