« 田村ゆかり他「魔法少女リリカルなのは A's サウンドステージ01/John Lennon「God (Remix)」、「Whatever Gets You Thru The Night (2005 Mix)/Metric「Monster Hospital」/」、「Mind Games (Remix)/Metric「Monster Hospital」/Salif Keita「M'Bemba」 | Main | PE'Z「千歳鳥」 »

ローズマリー・サトクリフ「ケルト神話 炎の戦士クーフリン」(ほるぷ出版)/ジョージ・R・R・マーティン「サンドキングス」(ハヤカワ文庫SF)

最近読んだ本
ローズマリー・サトクリフ「ケルト神話 炎の戦士クーフリン」(ほるぷ出版)
「Hollow Ataraxia」内の結構重要なフラグとして、クーフーリン(「女神転生」もあるし、この表記のほうが馴染んだ呼び名)伝説を語るとこがあるのですが、気になったので、超久々に、図書館の児童書コーナーに足を運ぶことに。
英雄ものは活劇の基本ということでしょうか。修行、力比べ、魔物との戦い、友との別れ、最期まで、定番の盛り上がりで、あっという間に読了。単なる戦闘力だけじゃなく、トンチ勝負っぽいとこがあるのも良いです。相手が息子コンラであることをうすうす感づきつつも、ゲイ・ボルグで戦ってしまう話が泣けます。巻末に地図が付いてるってのも、ファンタジィらしい、という気が。

ジョージ・R・R・マーティン「サンドキングス」(ハヤカワ文庫SF)
再刊短編集ながら、初読みです。
ハフ・シリーズ最終話もそうでしたが、表題作以外の全作品が、ファンタジィ世界の崩壊に夢の挫折を見いだして70年代泣きする、という同じ構造の話になっているのは、芸風とはいえ、極端に過ぎる印象を受けます。
「サンドキングス」は1979年の作品なので、「ポピュラス」とかは、無かったろうけれど種族を戦わせたり天変地異を起こしたり、という神視点で遊ぶゲームにハマる話って、今になって読むほうが馴染みやすいかも。

|

« 田村ゆかり他「魔法少女リリカルなのは A's サウンドステージ01/John Lennon「God (Remix)」、「Whatever Gets You Thru The Night (2005 Mix)/Metric「Monster Hospital」/」、「Mind Games (Remix)/Metric「Monster Hospital」/Salif Keita「M'Bemba」 | Main | PE'Z「千歳鳥」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/7558337

Listed below are links to weblogs that reference ローズマリー・サトクリフ「ケルト神話 炎の戦士クーフリン」(ほるぷ出版)/ジョージ・R・R・マーティン「サンドキングス」(ハヤカワ文庫SF):

« 田村ゆかり他「魔法少女リリカルなのは A's サウンドステージ01/John Lennon「God (Remix)」、「Whatever Gets You Thru The Night (2005 Mix)/Metric「Monster Hospital」/」、「Mind Games (Remix)/Metric「Monster Hospital」/Salif Keita「M'Bemba」 | Main | PE'Z「千歳鳥」 »