« THE STALIN「絶望大快楽 LIVE at 後楽園ホール'83」 | Main | 映画「銀色の髪のアギト」 »

SFマガジン2006年2月号「日本作家特集」

「日本作家特集」といいつつ海外物も充実していて嬉しいところ。

夢枕獏「小角の城」
改行の連発がいかにもこの作者らしい文章の新連載。のっけから伊賀者VS妖僧のバトルで、快調な出だし。

小川一水「ハイフライト・マイスター」
引きこもりの宇宙飛行士、という設定は面白い。ラストで改心するのが気にくわないのはわたしの事情。

新城カズマ「月を買った御婦人」
スチームパンク宇宙開発史。落ちのない短編スチームパンクは雰囲気で終わってしまいます。

藤田雅矢「ダーフの島」
文化人類学味な設定をホラー落ちで手堅く纏めた感じ。

牧野修「純潔の地に、獣たれ童貞の徒よ」
シリーズ他作を読んでいないせいか、類型的オタク論肯定論小説にしか見えず。

連載田中啓文「罪火大戦ジャン・ゴーレ」
行軍中。そろそろダジャレの最中に人が死ぬ以外の展開も観たいところ。

スティーヴン・バクスター「痕跡」
ファーストコンタクトと人間原理ねたと心の問題の三題噺をオーソドックスに纏めただけだと、イーガン「ワンの絨毯」の捻りっぷりと比べてしまうと…

ブルース・スターリング「ルシフェラーゼ」
昆虫擬人化小説の形で、不可解な生殖衝動をとっつきやすく描く。SFならでは、といった感じ。

ジェイン・ヨーレン「マレーシアの人魚」
民話の「三つの道具の手助けによる逃避行」パターンを連想させる、展開で引きつけるロゥファンタジィ。

キース・ロバーツ「魔女」「湖畔の少女」
幼い魔女アニタを主人公とした2作。「湖畔の少女」は終盤の長い文章が陰鬱さを出している。

|

« THE STALIN「絶望大快楽 LIVE at 後楽園ホール'83」 | Main | 映画「銀色の髪のアギト」 »

SFマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/8211207

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2006年2月号「日本作家特集」 :

« THE STALIN「絶望大快楽 LIVE at 後楽園ホール'83」 | Main | 映画「銀色の髪のアギト」 »