« The Frauds「The Church of Seduction」 | Main | 雑誌「SFJapan 2006spring号」 »

James Blunt「Back To Bedlam」

線の細いフォーク調の歌はかなりシンプル(ちょっと、Alice Cooperのバラード曲とか、思い出したり)。

ですが、「No Bravery」など、ピアノ、オルガンを中心に、ドラマチックに盛り上げてくるので、飽きはこないです。背景音にノイズ乗せたりもしているからか、楽器編成と曲調の割に古臭い印象を受けないのは、ベックとかも手がけてるらしい、プロデューサのTom Rothrockのおかげでしょうか。

|

« The Frauds「The Church of Seduction」 | Main | 雑誌「SFJapan 2006spring号」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/9093580

Listed below are links to weblogs that reference James Blunt「Back To Bedlam」:

« The Frauds「The Church of Seduction」 | Main | 雑誌「SFJapan 2006spring号」 »