« SFマガジン2006年6月号「ヤング・アダルト・ノベル」特集 | Main | 田村ゆかり Concert Tour 2006* fancy baby doll * »

ジェラルド・ピーノ&ザ・ハートビーツ「ヘヴィー・ヘヴィー・ヘヴィー」

Fela Kutiに影響を与えた、という触れ込みの、西アフリカは、シェラ・レオネの人の作。70年代産の2作品からの編集盤。

歌がFela程、露骨なアジテーション節ではなく、たまに奇声をあげるぐらいの、普通の歌になっているせいか、1曲5,6分でコンパクトに纏まっているせいか、Felaというより、70年代のJames Brownを思わせるオルガンを中心にしたファンク。JBの「Funky Drummer」を意識したソロパートが続く「people to the people」「Sex Machine」風リズム・ギターが印象的な「shake hands」なんか特に。

曲が短く、耳障りなホーン隊もいませんので、FelaやJBタイプのグルーブ感が有る音楽の中では、非常に聴きやすいのが良いです。

|

« SFマガジン2006年6月号「ヤング・アダルト・ノベル」特集 | Main | 田村ゆかり Concert Tour 2006* fancy baby doll * »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/9908499

Listed below are links to weblogs that reference ジェラルド・ピーノ&ザ・ハートビーツ「ヘヴィー・ヘヴィー・ヘヴィー」:

« SFマガジン2006年6月号「ヤング・アダルト・ノベル」特集 | Main | 田村ゆかり Concert Tour 2006* fancy baby doll * »