« 映画「映画監督になる方法」 | Main | ジェラルド・ピーノ&ザ・ハートビーツ「ヘヴィー・ヘヴィー・ヘヴィー」 »

SFマガジン2006年6月号「ヤング・アダルト・ノベル」特集

特集は、(海外の)ヤング・アダルト・ノベルです。ハヤカワ的には、国産品はリアル・フィクション表記だからでしょうか。

ニール・ゲイマン「サンバード」☆1
食ネタの奇譚。手堅く纏まっています。

ティム・プラット「魔女の自転車」☆0
思春期の僕、理解者の彼女、いじめっ子ライバルの世界観、ファンタジィ設定は説明無く、少年の孤独感演出みたいなものに終始していますので、「ファントム」に掲載してもおかしくないようなノリ。

クリストファー・バルザック「少年が死体で見つかって」☆0
ギクシャクした家庭環境と少年の孤独感が中心の話。架空設定は味付けな、「ファントム」へ行け、その2。

特集外の浅倉久志セレクションは、キット・リード「ダ・ヴィンチさん」☆1
こちらもギクシャクした家庭環境と少女の苦悩話ですが、フィクションならではのラストに開放感があって、読後感を良くしています。

山田正紀「イリュミナシオン 君よ、非情の河を下れ」☆0
イーガンまで登場する、フィクションと現実とを強引に繋げる毒電波展開は「神狩り2」を思わせるノリ。

夢枕獏「小角の城」☆0
やっと今までの話が繋がりそうで良かったです。

田中啓文「罪火大戦ジャン・ゴーレ」☆0
根性兵器とは、しょーもないネタを。笑ってしまいましたが。

ケリー・リンク「ザ・ホルトラク」☆1
「カナダ」に対しての米国人の距離感を、現実と幻想との距離に喩える、不条理入り日常物。正直、映画版「サウスパーク」や、「ボウリング・フォー・コロンバイン」を観ただけ、という、「カナダ」認識の薄い、わたしでは、実感するの難しい話です。淡々と読ませる気もしましたが、訳「柴田元幸」ということで認識に修正が入っているかもしれません。

|

« 映画「映画監督になる方法」 | Main | ジェラルド・ピーノ&ザ・ハートビーツ「ヘヴィー・ヘヴィー・ヘヴィー」 »

SFマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/9894162

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2006年6月号「ヤング・アダルト・ノベル」特集:

» おうちで病気が解る郵送検査 [EXCELLENT CONVERT]
突然のTB申し訳ありません。ご迷惑でしたら削除をお願いいたします。お忙しいあなたへ病気の予防に郵送検査をお勧めします。何か気になっている症状が出ていませんか? [Read More]

Tracked on 2006.05.04 at 07:28 PM

« 映画「映画監督になる方法」 | Main | ジェラルド・ピーノ&ザ・ハートビーツ「ヘヴィー・ヘヴィー・ヘヴィー」 »