« ウェン・スペンサー 「ティンカー」(ハヤカワ文庫SF) | Main | 映画「時をかける少女」 »

サケロックオールスターズ 「トロピカル道中」

気の抜けたトロンボーンに不思議な味わい

司会を担当しているYour Song Is GoodのJxJx氏目当てで、TV番組「スペシャボーイズ」を見ています。見ていますと、もう一人の司会というかいじられキャラの浜野謙太にも、興味を持ちました。で、浜野謙太が、トロンボーン奏者として参加しているアルバムをiTMSにて購入。

トロンボーンをメロディに据えたインストバンド、「サケロック」(聴いた後で調べてみますと、リーダーの星野源は、宮藤官九郎の劇団のひとで、「タイガー&ドラゴン」に、落語家の弟子役で出演していた、とのこと。登場人物の多い作品でしたので、印象には残っていませんが。むしろ、宮藤官九郎の劇団員による音楽と、予断を持って聴いていたら「グループ魂」的な、お遊び感を警戒してしまったでしょうから、先入観が無い状態で聴くことが出来て、ラッキーでした)と、民族音楽系打楽器を演奏する「ASA-CHANG」らとのセッション。

なんと言っても、個々の音がはっきりしていない(客観的には、「下手」と言うべきかもしれません)浜野のトロンボーンのヘタウマっぽさが、印象的。

レゲエ的な、カッカッというリズムをバックにした南国ノリ(のせいでMute Beatをちょっと連想しました)「自問自答百選」や、ポップなメロディと無関係に、手数の多いドラムの音が金属的な「七拍酒」、といった曲に顕著なのですが、ASA-CHANGの打楽器をはじめとした、やや、無機質な感じのリズム部隊から、完全遊離したように緩いメロディのトロンボーンを吹いています。トロンボーン以外は緩くありませんので、緩くて聴きやすいだけのB.G.M.に堕していないところは流石。メロディとリズムが全然別のことをやっている、という点では、2stepに通じるような、独自の中毒性があります。

中でも、チャゲ&飛鳥の(正確にはASKAソロの)カバー、「はじまりは いつも雨」は、原曲での、暑苦しい盛り上がりを台無しにするような、ユルさが、非常に心地よいです。

ヘタウマ音楽的な味わいの作品とはいえ、浜野による、ヘタクソが自棄になって歌っているような歌が入った、「本当の出来事」は、さすがに、痛々しいです。「スペシャボーイズ」内でのハマケン即興歌のコーナーでは、「ハマケン」のいじられキャラぶりもあって、ネタとして笑えているのですが、音楽として1曲は長すぎる気がします。即興歌くらいの分量にとどめておいた方が良かった気が。

|

« ウェン・スペンサー 「ティンカー」(ハヤカワ文庫SF) | Main | 映画「時をかける少女」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/11640406

Listed below are links to weblogs that reference サケロックオールスターズ 「トロピカル道中」:

» グループ魂 [気になる言葉]
グループ魂(グループたましい)は日本のロックバンド。1995年、松尾スズキが主宰する劇団、大人計画の俳優が結成。 [Read More]

Tracked on 2006.09.15 at 09:58 PM

« ウェン・スペンサー 「ティンカー」(ハヤカワ文庫SF) | Main | 映画「時をかける少女」 »