« 田中ユタカ「愛しのかな 1」(BANBOO COMICS DOKI SELECT) | Main | SFマガジン2006年9月号「ダン・シモンズ特集」 »

奥華子「Vol.1~4」

綺麗な割に力強い声の弾き語り

帰宅途中、キーボード弾き語りの女性がいて、綺麗な割に力強い声ですなぁ、と思ってよく見てみたら、細田守版(心優しき気分になる快作!)「時をかける少女」の主題歌を歌っている、奥華子の路上演奏でしたので、驚き。立ち止まって、ちょっと聴きいってしまいました。

演奏後、1枚500円のCD-Rをプチ・サイン会状態で売っていましたので、購入したら握手&サインをして貰いました。握手なんて、2年ぶりです。奥華子は、写真で見るより、華奢な感じでした。

CDは4曲入り×4枚、CDDB登録済なのに少し感心しつつ。

内容は、「私の右側」(Vol.2収録)とか、ちょっとaiko風の変イントネーションが気になったりもしましたけれど、シンプルなメロディのキーボード弾き語りで、Carole King好きなわたしには、素直で非常に聴きやすかったです。作中では、元気な弾きっぷりのピアノが、陽気なナンバー「自由のカメ」(Vol.4収録)や、落ち着いた歌い方と「Hey」という掛け声(といいますか、Neil Young"hey hey my my"的「ヘェ~ィ」)とが、妙にミスマッチで面白い「そんな気がした」(Vol.1収録)、あたりを、特に気に入りました。

|

« 田中ユタカ「愛しのかな 1」(BANBOO COMICS DOKI SELECT) | Main | SFマガジン2006年9月号「ダン・シモンズ特集」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/11406770

Listed below are links to weblogs that reference 奥華子「Vol.1~4」:

« 田中ユタカ「愛しのかな 1」(BANBOO COMICS DOKI SELECT) | Main | SFマガジン2006年9月号「ダン・シモンズ特集」 »