« 細川貂々「ツレがうつになりまして。」 (幻冬舎) | Main | Mt.Fuji Calling in 山中湖 06(2日目) »

Mt.Fuji Calling in 山中湖 06(1日目。)

天気が良ければ、楽しい場所

1日目
Yama01やってきました、山中湖。
新宿からツアーバスで一時間半。(小さいですが)フジロックのグリーン的芝生で、音楽鑑賞。
あまり、がっついて観るより、芝生で遊びながら、屋台のカレーを食べたりレゲエ洋品屋を覗いたり、3000人位のまったり環境。


朝崎郁恵
奄美の人。キーボード、ドラム、サイドボーカル&三線。曲内容紹介も外人のしゃべる日本語のよう。いわゆる奄美民謡。元ちとせをシングル一枚で飽きた私には辛いです。

NIGHT JUNGLE
ジャムロック系インスト?。ラストのディジェリドゥー(20世紀ノスタルジアで主人公が吹いていたアボリジニの楽器)と、反復するベースラインのループが延々続く、ラストにやった曲が印象的。

山中湖は、終バスが17:30、最寄り駅へはバスで40分、ということで、車前提の場所。会場と宿とが離れていたこともあり、足が欲しいですね、と思って、Cyc01自転車借りて動いてみました。
下り坂で風を切るのが、楽しくなってしまって、気がつくと山中湖一周。


ROVO
インスト・サイケデリック・ロック、バイオリン入りロックバンド編成のせいか、ちょっとキング・クリムゾン色のテンションの高さがあります。ただ、延々と続くメロディ無き轟音演奏は生命力は感じますが、方向性が見えないのであまり楽しめず。メンバーの山本精一が担当した映画「マインド・ゲーム」の劇半と同じ印象。

自転車の疲れが出た為でしょうか、あるいは、日差しが気持ちよいせいでしょうか?ROVOの途中から、芝生で寝落ちしてしまいました。

SLY & ROBBIE AND THE TAXI GANG
スティーブ・リリーホワイトかってくらいにエコー入りのドラムと、ハウリング寸前状態のベース音量が、でかいです。さみだれ打ちのドラムが印象的。曲は、スパイ大作戦のテーマぐらいしかわかりませんでしたが、レゲエのリズムだと、全部同じ曲みたいなところもありますし、ホーンの人が歌を歌っていましたが、あまり上手ではなく、会場煽り役といった風情だったせいもありますか。一人ずつ退場して、最後にベースソロを延々とやってくれたのは、妙に楽しかったです。

日が陰ると途端に寒くなります。屋台でマフラー購入。

FEMI KUTI & THE POSITIVE FORCE
今回の目当て、その1。

基本的には、DVDと同様の、ダンサー、ホーン隊、ギター、ベース、ドラム、キーボード編成。FEMI自身はキーボードを弾く場面が多かったですか。

ダンサー登場から大盛り上がり(「良いケツ!」と野次った奴がいました。ナイス。)倍速アフロビートとでも言うべき、速いビートをこなしていたドラマーの叩きっぷりが印象的。パーカッションもほぼドラマーみたいに叩くツイン・ドラム状態だったせいもありますか。FEMIの声も後半は特によく伸びていました。「ストップ エイズ ファイト エイズ」というフレーズを繰り返す終盤の曲(「stop aids」)には速いだけでなく、グルーブ感もあり、今回のベスト。

|

« 細川貂々「ツレがうつになりまして。」 (幻冬舎) | Main | Mt.Fuji Calling in 山中湖 06(2日目) »

ライブ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/12120831

Listed below are links to weblogs that reference Mt.Fuji Calling in 山中湖 06(1日目。):

» 芝生総合スレッド [大地と野菜]
芝生の情報、Q [Read More]

Tracked on 2006.10.05 at 06:46 AM

« 細川貂々「ツレがうつになりまして。」 (幻冬舎) | Main | Mt.Fuji Calling in 山中湖 06(2日目) »