« 「D.Gray-man」/「武装錬金」/「ネギま!?」/「RED GARDEN」/「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ」の第1話感想 | Main | 田村ゆかりファンクラブイベント2006(渋谷C.C.Lemonホール) »

マイク・レズニック&マーティン・H・グリーンバーグ 編「シャーロック・ホームズのSF大冒険(上) 」(河出文庫)

下巻を読むかは、…

前に、ホームズとラブクラフト・ホラーの出会いをテーマにしたアンソロジーの存在を聞いたときは、三題話にしても、無理があるんじゃ…と思いましたが、本書の場合は、SF+ホームズ。無茶度は低いものの、反面、驚きにも乏しい、お題付き短編集(オリジナル・アンソロジー)です。

ジョージ・アレック・エフィンジャー「マスグレーブの手記」を目当てに購入(雰囲気ものでした、まぁまぁ、かな。)したのですが、他に知っている作家は、編者のレズニック(下巻に作品あるようですが、読みましょうか…)とヴォンダ・N・マッキンタイアぐらい。後は知らない作家ということもあり、あまり、思い入れなく読了。

 本書前半収録作では、「ホームズが、誰それと出会っていたのだった、終わり。」という、(現実・架空)著名人1発ネタが連発しており、食傷。短めの短編ですと、仕方のない面もありますが。

 後半は、ホームズが、宇宙(マーク・アーロンスン「第二のスカーフ」)や、タイムスリップ(ディーン・ウェズレイ・スミス「運命の分かれ道」)先で、名探偵する作品がいくつか。イギリス、という背景描写を取り払ってしまったホームズ&ワトソンは、尊大な探偵と頷き役コンビの原型そのものなので、ベタなキャラ配置のSFミステリに終始しています。

リーア・A・ゼルデス「サセックスの研究」が、しょーもないネタながら、一番笑えたかも。

|

« 「D.Gray-man」/「武装錬金」/「ネギま!?」/「RED GARDEN」/「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ」の第1話感想 | Main | 田村ゆかりファンクラブイベント2006(渋谷C.C.Lemonホール) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/12183450

Listed below are links to weblogs that reference マイク・レズニック&マーティン・H・グリーンバーグ 編「シャーロック・ホームズのSF大冒険(上) 」(河出文庫):

« 「D.Gray-man」/「武装錬金」/「ネギま!?」/「RED GARDEN」/「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ」の第1話感想 | Main | 田村ゆかりファンクラブイベント2006(渋谷C.C.Lemonホール) »