« SFマガジン2006年11月号「ロバート・シェクリイ追悼特集」 | Main | 「うたわれるもの -散りゆく者への子守唄-」ファースト・インプレッション »

Keb' Mo'「Suitcase」

「I'll Be Your Water」など、相変わらずの聴きやすさ

iTune用セットリストにカバー作を集めている時に、この人によるカバー集「PEACE...BACK BY POPULAR DEMAND」を聴き直していたら、新作も聴きたくなって、購入(ジャケット裏を見て、FBIマークも小さくなりましたね、と思うあたり、最近の洋楽CDを買っていない自分を再確認)。

もっとも、前述のカバー集と、ベスト盤「マーティン・スコッセッシのブルース」以外のオリジナルアルバムを聴くのは、初めてなのですが。

ソウルフルな歌声と、スライド・ギターを中心として、フォーク、カントリー、アコースティック・ロックという和み系が少しづつ入った音楽です。歌声の優しさと、メロデイの鼻歌的キャッチーさが、弾き語り系音楽の、単調になりがちなところを救っているのは、既に聴いている作品から受ける印象と同じ。相変わらず、非常に、聴きやすいです。

本作中では、まず、季節ネタ入り人生応援歌を、わかりやすい英語歌詞で、淡々と歌うところが、Carole Kingの大名曲「You've Got A Friend」を連想させる、 「I'll Be Your Water」が、特に、心に残りました。

他の曲も、(ひところのStingに通じる、端正な)アコースティック・ロック「Remain Silent」、陽気な合唱フォーク「I See Love」、リズムが妙に面白い、女性ボーカルとのデュエット曲「Eileen」も、聴いていて心地よいです。

もっとも、ジャケット写真での、ロバートジョンソンのコスプレ?って感じのブルースマン・ファッションに違わぬ、表題曲「Suitcase」「Whole 'Nutha Thang」では、単調なリズムにメロディ無しの、いかにもブルース然とした曲もありますが。

|

« SFマガジン2006年11月号「ロバート・シェクリイ追悼特集」 | Main | 「うたわれるもの -散りゆく者への子守唄-」ファースト・インプレッション »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/12507087

Listed below are links to weblogs that reference Keb' Mo'「Suitcase」:

« SFマガジン2006年11月号「ロバート・シェクリイ追悼特集」 | Main | 「うたわれるもの -散りゆく者への子守唄-」ファースト・インプレッション »