« ライダ・モアハウス「アークエンジェル・プロトコル」(ハヤカワ文庫SF) | Main | 「ぷるるんっ!しずくちゃん」/「天保異聞 妖奇士」/「Gift」/「人造昆虫カブトボーグV×V」の第2話、「ときめきメモリアルONLY LOVE」の第3話感想 »

M.J.Q インストア・ライブ

絶叫フォークらしからぬ陽性の迫力。

先日のアルバム発売記念ということで、タワー・レコード新宿店7Fにて、インストア・ライブ(2006.10.21、13:00-)を観てきました。ドラムのクハラカズユキは欠席で、遠藤ミチロウと山本久土のアコースティックギター2人組体制です。

冒頭の、「オデッセイ・2006・SEX」(改めて聴いても面白い詞ではあります)から、ミチロウの元気な絶叫(声がかすれる場面もありましたが)。油の抜けた明石家さんまのような顔つきのミチロウが、「ひゃぁぅぅっ。」とシャウトする様には、異様な迫力がありました。

山本久土は、客に逆ギレしたり、ミチロウに謝ったり、足で床を踏みならして、リズムを取ったりと、こちらも熱演。ちょっと、声優の松風雅也を想起させる、陽性なノリの人で、ミチロウ一人の絶叫フォークですと、重苦しくなってしまいそうなところを、うまくバランスを取っていますね、と思いました。

ラストは、「キム・ジョンイルに捧ぐ」とのMCの後、共産党宣言を気持ち悪く引用する名曲「先天的労働者」で締め。観ているだけで疲れてくるぐらいのエネルギーに満ちあふれた全5曲のライブでした。

|

« ライダ・モアハウス「アークエンジェル・プロトコル」(ハヤカワ文庫SF) | Main | 「ぷるるんっ!しずくちゃん」/「天保異聞 妖奇士」/「Gift」/「人造昆虫カブトボーグV×V」の第2話、「ときめきメモリアルONLY LOVE」の第3話感想 »

ライブ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/12369023

Listed below are links to weblogs that reference M.J.Q インストア・ライブ:

« ライダ・モアハウス「アークエンジェル・プロトコル」(ハヤカワ文庫SF) | Main | 「ぷるるんっ!しずくちゃん」/「天保異聞 妖奇士」/「Gift」/「人造昆虫カブトボーグV×V」の第2話、「ときめきメモリアルONLY LOVE」の第3話感想 »