« SFマガジン2006年12月号「秋のファンタジィ特集」 | Main | ジョージ・R.R. マーティン「氷と炎の歌3 剣嵐の大地1」 »

三浦しをん「シュミじゃないんだ」

読みやすい。

小説を読んだときは、あまり、良い印象を受けなかった、三浦しをん、ですが、今度はエッセイを読んでみました。

直木賞予測する大森望らの対談では、BL、BLと酷評していましたが、本作は、B(oys)L(ove)マンガを紹介するエッセイ集です。

BLに興味のない人にも配慮した、と、著者も書いていますが、どの回も、前半は、作者の日常や、山田風太郎や、「ここはグリーン・ウッド」とか、BL以外の話をして、後半で、お薦めBLマンガを紹介する構成で、取っつきやすいです。文章も、腐女子的な痛々しさを自虐ギャグにくるんだ、非常に読みやすいエッセイでした。

基本的には、個々の作品紹介なのですが、BL論的なものもあります。「恋の成就、その後」を描いた昨今の少女マンガ(少コミ掲載作や、「NANA」あたりが仮想敵?)とは違う、内面描写多用の少女マンガ的なものの正当後継者は、むしろBLである、とか、男性向けエロとは違って、BLでは心の繋がりを描く、といった、他ジャンルと比較してBLを賛美する主張が、何度か出てきます。贔屓の引き倒しと言いますか、BLだって、欲望肯定なんじゃ…って気もしますが、対象作品未読なので、何ともいえません。

巻末収録の、著者自身によるBL短編小説「夏の思い出」は、著者の照れが入った為でしょうか、BLに、主人公が至る理由を外付けしているため、不自然さが目立ちました。著者も失敗と言っていますが、ジャンル外からは、BLに見えても、中の価値観からは未だBLには遠いのかも(エロシーンに慣れていないだけかもしれませんが)。

|

« SFマガジン2006年12月号「秋のファンタジィ特集」 | Main | ジョージ・R.R. マーティン「氷と炎の歌3 剣嵐の大地1」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/12725453

Listed below are links to weblogs that reference 三浦しをん「シュミじゃないんだ」:

« SFマガジン2006年12月号「秋のファンタジィ特集」 | Main | ジョージ・R.R. マーティン「氷と炎の歌3 剣嵐の大地1」 »