« マンドレイク「アンリリースト・マテリアルズ VOL.1」 | Main | 田村ゆかり他「おとぎ銃士赤ずきん 三銃士キャラクターミニアルバム Vol.1」/ゆうまお「スイートホームソング」 »

SF Japan 2006 Autumn 特集「恩田陸のSF」

年2回刊行の雑誌で、連作以外の連載増えるのは勘弁して下さい

恩田陸「愚かな薔薇」
女性の生理的感覚+吸血鬼もの+田舎ノスタルジー。連載第一回目としては、手堅い出来ですが、本作の「船」とか、設定説明をボカシたまま終わらせそうな作者ですので、雰囲気ものに終始して、読んでいてストレスが貯まりそうな不安があります。

特集での萩尾望都との対談は…作者が楽しそうだから、いいのでしょうね。

わかつきめぐみ「夜のしっぽ」
8ページのゴースト・ストーリーなので、シチュエーションだけ。ファンタジーだからこそ、背景を描いて欲しい、というのは欲張りでしょうか。

三雲岳斗「終末のガレキ」
オタ&作者自虐ネタが、痛々しい(意図的でしょうが)破滅もの。落書き少女漫画のような珍妙イラスト(緒方剛志)は味があります。

矢崎存美「BLUE ROSE」
「失恋女、テディ・ベア、癒し系。」のテンプレート。お話として読むには、捻りがないですし、共感出来る立場でもありませんし…

なかせよしみ「エリカさんの狂発明日記」「Tech Mates」
「向日性寝具」の話は、絵ならではの面白さがあり。

清涼院流水「透明人間の告白」
ダジャレ連作。ヨコジュン「気絶、怪絶、また壮絶。」(でしたっけ)で終わるシリーズを連想する読了後の脱力感。

火浦功「まだ、火星のプリンセス・リローデッド」
イラスト&広告を除くと、僅か2ページの連載。半年前の2ページを思い出せ、と云うのでしょうか。

夢枕獏「闇狩り師 黄石公の犬」
こちらも短い連載ですが、九十九乱蔵もの特有の雰囲気は一貫しているので、読めてしまう。

森岡浩之「優しい煉獄IV 窮鳥のはばたく日まで」
一話完結の連作短編なので、助かります。やさぐれ探偵と少年の交流もの、というベタさを、仮想世界という設定が、和らげています。

古橋秀之「百万光年のちょっと先」
人を喰ったユーモアは、どこかに意外性がないと苦しいです。反対に、萌え話はベタでも問題がないので、「十億と七つの星」が好印象。

大塚英志「夏の教室」
閉鎖世界で少女、少年、不良、謎の人。イメージ喚起性に乏しい「アイランド博士の死」というより、セカイ系と云うべきなんでしょう。「だから何?」感が漂うのは評論と同じ印象。

宮部みゆき「ドリームバスター 時間鉱山 PART2」
作者の水準。目標が見つかったぐらいで、連載は、まだまだ続きそうですが、単行本が出てませんでしたっけ?

|

« マンドレイク「アンリリースト・マテリアルズ VOL.1」 | Main | 田村ゆかり他「おとぎ銃士赤ずきん 三銃士キャラクターミニアルバム Vol.1」/ゆうまお「スイートホームソング」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/12862834

Listed below are links to weblogs that reference SF Japan 2006 Autumn 特集「恩田陸のSF」:

« マンドレイク「アンリリースト・マテリアルズ VOL.1」 | Main | 田村ゆかり他「おとぎ銃士赤ずきん 三銃士キャラクターミニアルバム Vol.1」/ゆうまお「スイートホームソング」 »