« 「うたわれるもの -散りゆく者への子守唄-」ファースト・インプレッション | Main | 浅倉久志 編「グラックの卵」(国書刊行会 未来の文学) »

U2&Green Day「The Saints Are Coming」/Christina Aguilera「Ain't No Other Man」他/牧野由依「ダークサイドについてきて-New Mix-」

最近買ったiTMS曲。驚きはないものの、好みのタイプ。

U2&Green Day「The Saints Are Coming」
歌う活動家な、Bonoらしい(?)カトリーナ災害チャリティ曲、とのこと。冒頭、空間を感じさせる、Bono囁き&Edgeのギターから一転、埋め尽くすようなギターと鼓笛隊っぽいドラム、サビはコーラスという、メロコア色、という分業体制。曲は、昔のU2フォロアーみたいな感じ。

Christina Aguilera「Ain't No Other Man」
アルバム「Back to Basics」より、Gang StarrのDJ Premier製作の4曲「Ain't No Other Man」「Thank You (Dedication to Fans...)」「Back In the Day」「Still Dirrty」をつまみ食い。久しぶりに聴く、サンプリング時代のヒップホップは、ゆったりとしたグルーブ感が、なんとも耳に優しいです。
Gang Starr「Take It Personal」あたりを連想させる、落ち着いた「Thank You (Dedication to Fans...)」が、特に良かったです。

主役のChristina Aguileraの歌は、肺活量はあって、高速ダンスものに向いていそうな硬質の声で、肺活量自慢系でしょうか。非人間的な印象を受け、正直、好みの声ではありません。ただ、本作においては、非人間的な歌のせいで、DJ Premier製作の、地味なサンプリング音の反復に酔うことの、邪魔にならない、という利点もあります。

牧野由依「ダークサイドについてきて-New Mix-」
冒頭の歌いかたは、先代の(丹下)サクラっぽい声ながら、曲がポップですので、甘ったるい印象はなく。パール兄弟製作とのことですけど、「トロン岬」ぐらいしか覚えていないですねぇ。キーボードが突然入ったり、声を弄ったりするのが、80年代風なのでしょうか。

|

« 「うたわれるもの -散りゆく者への子守唄-」ファースト・インプレッション | Main | 浅倉久志 編「グラックの卵」(国書刊行会 未来の文学) »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/12623873

Listed below are links to weblogs that reference U2&Green Day「The Saints Are Coming」/Christina Aguilera「Ain't No Other Man」他/牧野由依「ダークサイドについてきて-New Mix-」:

« 「うたわれるもの -散りゆく者への子守唄-」ファースト・インプレッション | Main | 浅倉久志 編「グラックの卵」(国書刊行会 未来の文学) »