« ジョージ・R.R. マーティン「剣嵐の大地〈2〉―氷と炎の歌〈3〉」(早川書房) | Main | 三崎亜記「となり町戦争」(集英社文庫) »

ノイズキャンセリングヘッドホンMDR-NC22(Sony)

耳栓としても有効

カナル型のイヤホン。ノイズキャンセリング機能付は初めてですが、地下鉄内、バスのエンジン近くの席、冷却ファン、ハードディスクの動作音がうるさいパソコン前などで、ノイズキャンセリングの威力を実感しました。正直、気休め程度かな、と思っていたのですが、判るぐらいに効果があります。

もっとも、Sonyのサイトに「周囲からの騒音がまったく聞こえなくなるわけではありません」との注意書きがありますけれど、「取消し/cancel」ではなく、あくまでも、「低減」といったところです。「ゴーッ!」「ザァーッ!」という雑音が、「サーッ」という静寂音で塗りつぶされる、ような感じを受けます。昔のラジカセにあった、DOLBY NR機能(OFFにしますと、ノイズが目立ちますけれど、音としては自然な感じになる)を思い出しました。

まぁ、音質については、普段は、KOSSの「THE PLUG」 「SPARK PLUG」を使っていて、Etymotic Research 「ER-6i」を買ってはみましたが、高級すぎ、と思っているような、粗雑な耳の持ち主なので、当然、許容範囲内です。(全ての音源がDubになる的低音無理矢理ブーストする)「PLUG」シリーズと比べるとクリアだなぁ、思うぐらい。(もっとも、聴いているのが、エコーがかった声とリズムボックス中心のSisters of Mercy「First and Last and Always」再発と、田中敦子の甘ったるい声(「そんなことないよぉ。」とか)が響く「うたわれるものらじお」CD特別版ですから、「音質」をとやかく言うものでは無い、という事情もありますが。)

再生機器からの電力供給ではなく、単4電池の外部電源で使用しますので、音楽を聴いていない時でも、耳栓代わりに使えるのは、便利です(特にパソコン前にいるとき。)。反面、電源を消し忘れることが多く、単4電池で、どれだけ持つかが、少々心配です。

|

« ジョージ・R.R. マーティン「剣嵐の大地〈2〉―氷と炎の歌〈3〉」(早川書房) | Main | 三崎亜記「となり町戦争」(集英社文庫) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/13261379

Listed below are links to weblogs that reference ノイズキャンセリングヘッドホンMDR-NC22(Sony):

« ジョージ・R.R. マーティン「剣嵐の大地〈2〉―氷と炎の歌〈3〉」(早川書房) | Main | 三崎亜記「となり町戦争」(集英社文庫) »