« 「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」/「Master of Epic -The AnimationAge」/「タイムスリップ川中島」の第1話感想 | Main | 映画「劇場版  どうぶつの森」 »

SFマガジン2007年2月号「日本作家特集」

悪くはないですけれど、地味。

小林泰三「盗まれた昨日」☆1
「メメント」ねたの、記憶混乱が自我混乱を呼び起こす話。サスペンス仕立てということもあり、西澤保彦「人格転移の殺人」を連想しました。

田中哲弥「羊山羊」☆0
狐憑き話?理由不明の異常、を扱った話を「死にました。」で終わらされると、物語というより、単なる設定説明を読まされた気分になります。

森奈津子「陽根流離譚」☆-1
男性器型宇宙人の話。説明なく「変な宇宙人」を扱った話を「帰りました。」で終わらされると、物語というより、単なる設定説明を読まされた気分になります。物語に面白みが無い分、ジェンダー系特有の図式性が鼻につきます。

藤田雅矢「口紅桜」☆1
妖木を巡る伝奇小説。伝奇ものとしては、意外性を欠くオチですけれど、樹医が主人公というところに新味が有ります。ドリルやパテを使う樹医の作業描写の即物的な分だけ、蟻鬼などの幻想描写が引き立っています。

連載 夢枕獏「小角の城」☆0
今回も、「城には秘宝が…」の説明。まるで、ファミコンRPGの町の人の話を数ヶ月毎に一人ずつ読む状態。主人公たちは、早く城へ向かって下さい。

連載 田中啓文「罪火大戦ジャン・ゴーレ」☆1
また、新キャラ出してバトルかぁ、という気もしますが、主人公ピンクが活躍しているので、良し。

スティーブン・バクスター「避難所」☆0
壮大宇宙SF。短編で描くには、コミカルな主人公の描写より、「フェルミのパラドックス」の説明が大きすぎて、主人公のキャラと絡めたオチが唐突な感じになっています。

連載 梶尾真治「ノアズ・アーク 怨讐星域」☆0
宇宙船脱出側のホームシックを描いた、第1話の後日譚。自殺の扱い方とか、独立した短編として読むには、図式性が強すぎるかも。

|

« 「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」/「Master of Epic -The AnimationAge」/「タイムスリップ川中島」の第1話感想 | Main | 映画「劇場版  どうぶつの森」 »

SFマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/13446282

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2007年2月号「日本作家特集」:

« 「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」/「Master of Epic -The AnimationAge」/「タイムスリップ川中島」の第1話感想 | Main | 映画「劇場版  どうぶつの森」 »