« 布袋寅泰「SOUL SESSIONS」 | Main | 「sakerock」"フォーフレッシュメン スペシャル" »

SFマガジン2007年3月号「2006年度・英米SF受賞作特集」

パオロ・バチガルピ「カロリーマン」☆1
バイオ企業による農業支配話は、ありきたりながら、主人公らのインド描写は、味になっています。

デイヴィッド・D・レヴァイン「トゥク・トゥク・トゥク」☆1
異星人とセールスマンの話。話の無理矢理さが、どこか、「おまかせ!レスキュー」のような読後感でした。

連載 山田正紀「イリュミナシオン 君よ、非情の河を下れ」☆0
いつもの「かもしれない。」の連発と、断片的な時代物描写。

連載 朝松健「魔京」☆0
山田氏のと、続けて読むと、面白いような、錯覚があります。

連載 田中啓文「罪火大戦ジャン・ゴーレ」☆1
筒井「最高級有機質肥料」の正統後継者的展開です。今となっては、インモラルとは言えない題材ですけれど、逆に、気負わない、悪ふざけ感が、楽しいです。

コリイ・ドクトロウ「I:ロボット」☆1
冷戦時代の米ソっぽい国家関係での亡命話。「マジック・キングダムで落ちぶれて」での、「ディズニーランド」の扱い方同様、アメリカっぽいものを茶化すのが好きな作者にとっては、アシモフのロボ3原則も、敵なのかも。

小説以外では、SF magazine gallery 山口晃「メカごころ落書き帖」が、宮武一貴風筆致のメカで、「宇宙徳利」、とか変な物を描いていて、楽しいです。

|

« 布袋寅泰「SOUL SESSIONS」 | Main | 「sakerock」"フォーフレッシュメン スペシャル" »

SFマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/13991230

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2007年3月号「2006年度・英米SF受賞作特集」:

« 布袋寅泰「SOUL SESSIONS」 | Main | 「sakerock」"フォーフレッシュメン スペシャル" »