« 「アイドルマスターXENOGLOSSIA」/「BLUE DRAGON」/「鋼鉄三国志」/「精霊の守り人」/「この青空に約束を」/「地球へ」/「シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド」/「神曲奏界ポリフォニカ」/「ひとひら」/「ゲゲゲの鬼太郎」/「らき☆すた」の第1話感想 | Main | The Good, the Bad & the Queen「Three Changes」/神代混声合唱団「想い出がいっぱい」/the pillows「スケアクロウ」/Tinariwen「Water is life - Aman Iman」 »

SFマガジン2007年5月号「異色作家特集 I」

60,70年代SFを代表する作家、バラード、ビショップを、(時代、ジャンルの主色に収まらない)「異色作家」と呼ぶのには抵抗があります。

マイクル・ビショップ「合作」☆1
 二重人格者の日記ネタ。インテリ&粗暴系のキャラが立っていて、読ませます。が、ラストのBL(?)で纏めるので、安直っぽい印象に。最近読んだ、桜玉吉「御緩漫玉日記 3」最終回をはじめ、多重人格ネタに名作が多いことも、相対評価を下げてしまう原因。

ハーヴェイ・ジェイコブズ「バラと手袋」☆0
「グラックの卵」表題作の作者による、少年時代を懐古する中年の話。不条理ホラー落ちなら、「異色」なのでしょうか?

J・G・バラード「認識」☆0
謎サーカスは、ホラーとして、纏まりやすい。

チャールズ・ボーモント「ウィリー・ワシントンの犯罪」☆0
人種ネタというより、繰り返し不条理もの。

連載 朝松健「魔京」☆0
平安編終了。終盤のハードとソフト云々は、描写ではなく、只の説明になっています。

連載 田中啓文「罪火大戦ジャン・ゴーレ」☆0
新キャラ「ヒトラー」は、色んな所で弄られているので、自慰シーンにも目新しさは無くむしろ設定説明キャラか。

連載 梶尾真治「ハッピーエンド 怨讐星域」☆0
残留側の安楽死を描いた後日譚。運命を受け入れた「いいひと」を美化するばかりで、図式性が強すぎるかも。

小説以外では、第2回日本SF評論賞優秀賞、蟻部剛喜「国民の創世-<第三次世界大戦>後における<宇宙の戦士>の再読」☆1。本文で、一番言いたいのは、ハインライン「人形つかい」とUFO論との、同時代影響ってことで、SFもUFOも歴史になった感が、ひとしお。

|

« 「アイドルマスターXENOGLOSSIA」/「BLUE DRAGON」/「鋼鉄三国志」/「精霊の守り人」/「この青空に約束を」/「地球へ」/「シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド」/「神曲奏界ポリフォニカ」/「ひとひら」/「ゲゲゲの鬼太郎」/「らき☆すた」の第1話感想 | Main | The Good, the Bad & the Queen「Three Changes」/神代混声合唱団「想い出がいっぱい」/the pillows「スケアクロウ」/Tinariwen「Water is life - Aman Iman」 »

SFマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/14689383

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2007年5月号「異色作家特集 I」:

» i tunes 使い方 [あたしのおススメNEWS]
先日、お世話になっている方からipodをプレゼントにもらった。 もらったはいいけれど、使い方や活用の仕方がわからない。 最近話題のipodやitunes。 機械オンチな私には、縁がないアイテムだと決めつけていた。 [Read More]

Tracked on 2007.04.15 at 06:22 PM

« 「アイドルマスターXENOGLOSSIA」/「BLUE DRAGON」/「鋼鉄三国志」/「精霊の守り人」/「この青空に約束を」/「地球へ」/「シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド」/「神曲奏界ポリフォニカ」/「ひとひら」/「ゲゲゲの鬼太郎」/「らき☆すた」の第1話感想 | Main | The Good, the Bad & the Queen「Three Changes」/神代混声合唱団「想い出がいっぱい」/the pillows「スケアクロウ」/Tinariwen「Water is life - Aman Iman」 »