« SFマガジン2007年5月号「異色作家特集 I」 | Main | 「瀬戸の花嫁」「sola」「おおきく振りかぶって」「怪物王女」「風の聖痕」「ロミオ×ジュリエット」の第1話感想 »

The Good, the Bad & the Queen「Three Changes」/神代混声合唱団「想い出がいっぱい」/the pillows「スケアクロウ」/Tinariwen「Water is life - Aman Iman」

最近聴いた音楽

The Good, the Bad & the Queen「Three Changes」
NYのApple StoreでのライブをiTMS限定で。スタジオ版も気に入っていた曲ですが、より一層、Tony Allenが手数多く叩いているっぽいのが嬉しいです。

神代混声合唱団「想い出がいっぱい」
アニメ「みゆき」の主題歌として著名な曲ですが、「ビリーブII~歌い継がれる卒業式のうた・新しい卒業式のうた」から、ポップソングの合唱カバーを、iTMSで、つまみ食い。ママさんコーラス系が、元気良く(日本語の合唱曲にも、ゴスペルでいうアップみたいなのが有れば、とも思ってしまいますが)。

the pillows「スケアクロウ」
最新刊を漫画喫茶で読んだら、泣きそうになってしまったので、(絵の濃さに抵抗があった)単行本も買おうか?な「Moonlight Mile」のアニメ版主題歌。
「synchronized rockers」への返答的に、ミスター・チルドレンのカバー。(2007.04.28加筆 カバーは表題作ではなく、c/wの「“つよがり”」)青臭い歌詞の、巻き舌ギターロックってとこで、両者、共通しているためか、違和感無く。表題曲の壮大なロッカ・バラードとバランスを取る、元気な「BOYS BE LOCKSMITH.」も良いです。同じキングレコードで無くなっても、シンイチロウ氏がTheピーズのドラムを兼業してくれるのか不安ですが…

Tinariwen「Water is life - Aman Iman」
「砂漠のブルース」というキャッチフレーズのアフリカ音楽。リズムが単調で、歌も「会津磐梯山は~」を連想させる木訥な声&メロディですので、エレキ・ギター民謡といった感じ。ワールドミュージック的複雑さが無い分、非常に聴き易いのですが、その分、飽きやすそうです。作中では、ギターの音色が魅力的な「Toumast」が印象に残りました。

|

« SFマガジン2007年5月号「異色作家特集 I」 | Main | 「瀬戸の花嫁」「sola」「おおきく振りかぶって」「怪物王女」「風の聖痕」「ロミオ×ジュリエット」の第1話感想 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/14690525

Listed below are links to weblogs that reference The Good, the Bad & the Queen「Three Changes」/神代混声合唱団「想い出がいっぱい」/the pillows「スケアクロウ」/Tinariwen「Water is life - Aman Iman」:

« SFマガジン2007年5月号「異色作家特集 I」 | Main | 「瀬戸の花嫁」「sola」「おおきく振りかぶって」「怪物王女」「風の聖痕」「ロミオ×ジュリエット」の第1話感想 »