« 「ヒロイックエイジ」/「ながされて藍蘭島」/「機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ」/「魔法少女リリカルなのはStrikerS」/「Darker than BLACK -黒の契約者-」/「Over Drive」/「キスダム」/「エルカザド」の第1話感想 | Main | SFマガジン2007年5月号「異色作家特集 I」 »

「アイドルマスターXENOGLOSSIA」/「BLUE DRAGON」/「鋼鉄三国志」/「精霊の守り人」/「この青空に約束を」/「地球へ」/「シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド」/「神曲奏界ポリフォニカ」/「ひとひら」/「ゲゲゲの鬼太郎」/「らき☆すた」の第1話感想

2007年4月期アニメ第1話感想×10

11.「アイドルマスターXENOGLOSSIA」(TVK 土曜深夜)
ED:「悠久の旅人~Dear Boy」(Snow*)音数の多い伴奏に女子歌い上げ。
内容:「ストラトス・フォー」っぽい女の子隕石スイーパーの話。ドジっ娘主人公をはじめとした、多数キャラをコミカルに紹介して、第1話終わり。ドジっ娘修行ものとして、テンポ良く進みそうですが、刃物を突きつける敵の存在と、舞-Himeスタッフという点で、物語終盤が殺伐としそうなのが不安点。△

12.「BLUE DRAGON」(テレビ東京 土曜朝)
OP: 「FRIEND」/橘慶太)アコースティックなロック
ED: 「Fly So High」/(山田優)ギターカッティングが印象的な女子ロック
内容:RPGファンタジー。村を焼かれた少年が、隠された力に目覚める第1話を手堅く。元絵が鳥山明の為、「ドラゴンボール」キャラがコスプレして演じているかのような絵面。△×

13.「鋼鉄三国志」(テレビ東京 水曜深夜)
ED:「久遠」(宮野真守)ビブラート強調気味のバラード
内容:三国志固有名詞を使ったファンタジー。悶える陸遜、男の髪を梳く子安武人声の孔明のBLのりはともかく、CGっぽさの抜けない軍勢の描き方、「三国無双」っぽい雑魚一蹴っぷり、謎の力玉璽の安っぽい透過光描写といい、ひたすらゲーム風。×

14.「精霊の守り人」(NHK-BS 土曜朝)
OP:「SHINE」(L'Arc~en~Ciel)ビジュアル系コブシのギターロック
ED:「愛しい人へ」(タイナカ サチ)ピアノ伴奏バラード
内容:中国風時代劇で逃亡者もの。背景は緻密なものの、カメラ移動を多様するせいか、あるいは、背景とキャラで絵の密度が違うせいか、立体に見えない立体映像のような質感には馴染めません。ですが、話は、好感が持てる武人系の主人公の視点で、話を一貫して進めているので、設定説明中心の第1話に無理が無いのは良いです。○△

15.「この青空に約束を」(TVK 火曜深夜)
OP:「この青空に約束を」(KAORI)シンセ伴奏に女子。
ED:「青空のファンタジア」(村田あゆみ)ギターポップ系の伴奏に癖のない女子Vo。
内容:ハーレム設定の寮&生徒会もの。極度に頭の緩そうなサブ・ヒロインの存在は、いかにも、エロゲー原作らしいです。ただ、心情を延々と説明し合う第1話終盤の青臭さは、妙に憎めません。△

16.「地球へ」(TBS 土曜夕方)
OP:「endscape」(UVERworld)
ED:「Love is…」(加藤ミリヤ)「カノン」ねたのバラード
内容:超能力者もの。第1話は、主人公が指名手配されるまで。設定説明も無く、1年シリーズなのかもしれませんが、キャラ性格も「普通」としか描写していない見所不明な展開で、このテンポは遅過ぎます。×

17.「シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド」(TVK 土曜深夜)
OP:「Shining tears」(保志総一朗)昔の男性アイドル調のナヨナヨした声
ED:「光のシルエット」(保志総一朗)+ピアノ伴奏
内容:RPG異世界ファンタジィ。最初の敵がゴブリンな、定番っぷり。いきなりゲーム異世界に放り出されたのに、妙に物わかりが良い(「受け」的?)美男子キャラが話の中心になっていて、女子は「少女革命ウテナ」を思わせる刀の鞘=アイテム扱い。なので、ヒロイン堀江由衣の無駄遣い感が漂います。×

18.「神曲奏界ポリフォニカ」(TBS 火曜深夜)
OP:「Apocrypha」(eufonius)か細い女子Vo
ED:「コンコルディア」(kukui)か細い女子Voバラード
内容:音楽で精霊召還して魔法を使うファンタジー。善人なだけが取り柄の主人公に共感できない第1話の段階で、メカメカしい変形バイクと、ハンバーガーと、蝋燭の灯りが共存する、不統一な世界設定を説明無く出されては、話について行けません。クラシックのパロディみたいな曲をバックにした魔法使用シーンにも、音楽の力で凄そうに見せる意図があからさますぎて、安直さが否めません。視聴の惹きは、ヒロインのツンデレのみ。×

19.「ひとひら」(テレビ東京 日曜深夜)
OP:「夢、ひとひら」(浅見ユウコ)リズムボックス伴奏に、伸びのある女子Vo
ED:「スマイル」(水橋 舞)ちょっとピチカートV的な華やかさのある冒頭。
内容:女子校演劇部の話。キラキラ目と細い足が、昔の少女漫画っぽい絵柄。△×

20.「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビ 日曜深夜)
OP:「ゲゲゲの鬼太郎」(泉谷しげる)ブラスをバックに陽気な感じ。
ED:「ウラメシ夜」(長井秀和)おどろおどろしい歌
内容:妖怪退治もの。第1話故の設定紹介の意味もあってか、技披露のシーンが多めでしたが、フォーマット通りの手堅い一話完結型です。水彩っぽいグラデーションのある背景が印象的。△×

20.「らき☆すた」(TVK 月曜深夜)
OP:「もってけ!セーラーふく」(平野綾、加藤英美里、福原香織、遠藤綾)早口言葉ディスコの「宇宙で恋は☆るるんルーン」
ED:「宇宙鉄人キョーダイン」(平野綾)疑似カラオケ
内容:「女子高生GIRL’S*HIGH」エンディングを連想させる、オープニングの街中ダンス動画から一転して、本編は、ほぼ固定画面の中、美少女キャラがオタクっぽい台詞を言うのを聴いているだけ。いつも、同じように綺麗で、同じような速度で緩急無く進む京都アニメーションの作風と、「・・・」的な間が、味わいの萌え4コマとは、食い合わせが悪そう。歌が週替わりなら、エンディングだけは見たいのですが…△×

|

« 「ヒロイックエイジ」/「ながされて藍蘭島」/「機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ」/「魔法少女リリカルなのはStrikerS」/「Darker than BLACK -黒の契約者-」/「Over Drive」/「キスダム」/「エルカザド」の第1話感想 | Main | SFマガジン2007年5月号「異色作家特集 I」 »

アニメ等第1話感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/14637421

Listed below are links to weblogs that reference 「アイドルマスターXENOGLOSSIA」/「BLUE DRAGON」/「鋼鉄三国志」/「精霊の守り人」/「この青空に約束を」/「地球へ」/「シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド」/「神曲奏界ポリフォニカ」/「ひとひら」/「ゲゲゲの鬼太郎」/「らき☆すた」の第1話感想:

» ハンバーガレストランって? [ハンバーガレストランって?]
ハンバーガレストランにまつわる話や、ハンバーガレストランの紹介、感想などを書いています。ハンバーガ好きな方は是非のぞいてってください。 [Read More]

Tracked on 2007.04.11 at 02:11 AM

» 真・三國無双DS [真・三國無双DS ファイターズバトル情報]
三國無双ファン必見!真・三國無双DSに関する情報が満載! [Read More]

Tracked on 2007.04.14 at 12:11 AM

» 加藤ミリヤのいろんな情報!! [加藤ミリヤ情報]
加藤ミリヤと言えば今もっとも期待されているシンガーではないでしょうか?私もこのままずっと朝までやeyes on youを聞いて以来すっかりファンです!歌詞がいいんですよね!あとネットで画像があると見てしまいます。最近まで高校生とは思えない歌唱力ですね。加藤ミリヤファンの方は見て行ってください。 ... [Read More]

Tracked on 2007.04.17 at 09:09 PM

» アイドルマスター XENOGLOSSIA【声優キャスト】 [アニメ声優、声優オーディション等、声優情報]
大人気のアイドル育成ゲーム「THE  IDOLMASTER [Read More]

Tracked on 2007.05.08 at 07:51 AM

« 「ヒロイックエイジ」/「ながされて藍蘭島」/「機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ」/「魔法少女リリカルなのはStrikerS」/「Darker than BLACK -黒の契約者-」/「Over Drive」/「キスダム」/「エルカザド」の第1話感想 | Main | SFマガジン2007年5月号「異色作家特集 I」 »