« ジョー・ホールドマン「擬態―カムフラージュ」(早川書房) | Main | 田中ロミオ「人類は衰退しました」(ガガガ文庫) »

BONNIE PINK「Water Me」/SPECIAL OTHERS「STAR」/James Brown「A Family Affair」

最近聴いた曲

BONNIE PINK「Water Me」
シングルから(カラオケ除いて)iTMS買い。c/wの「MAGICAL MYSTERY TOUR」のカバー目当てに購入(ガチャガチャした伴奏に、エフェクトをかけた声のサビ連呼。原曲もサビだけの曲なので、意外性は無し)。
表題曲は、ディストーションギターやら弦やらといった音数の多い伴奏の中に、歌のおねぇさん的な破綻の無い歌声が、埋もれてしまっていて、いまいち。もう一曲のc/w「Gimme A Beat」は、ダンス系の伴奏に、The Sundays風の可愛らしい歌い方が、好印象。



SPECIAL OTHERS「STAR」
ミニアルバムをiTMS買い。
前のアルバムが、ちょっとメロディ系に路線変更気味だったので、不安でしたが、Funk的なベースが印象的な「Surdo」が従来の彼ららしい、フレーズ鬼反復路線が炸裂していて、良かったです。ちょっと安心。「When You Wish Upon a Star」では、芹澤氏のヘナヘナとした歌声も健在で、緩いグルーブ感が戻ってきました。


James Brown「A Family Affair」
「Next Step」に続く新譜ではなく、未発表曲集。
G-Funkっぽく、ピーヒャラと鳴るキーボードで始まる、「Motivation Remix」、ゴスペル・クワイア系でよく聴いた、ファンファンファンファン、って感じのキーボードのフレーズで始まる「God Is Good」とか、ちょっとダサいキーボードの伴奏が多いです。まぁ、力強いJBの声の伴奏としては、主張がない方が良いのかも。

お山の大将感溢れる「Respect Me (First. Respect Yourself)」「I Wanna Be Loved On The "1"」といった題名が似合いそうな、かけ声ソングが中心になりますが、アコースティックギターを伴奏に、泣き曲でドラマチックに盛り上げる「Peace In The World」では、かけ声だけで無いJBの歌を聴くことができ、本作中では、特に印象深かったです。

|

« ジョー・ホールドマン「擬態―カムフラージュ」(早川書房) | Main | 田中ロミオ「人類は衰退しました」(ガガガ文庫) »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/15426099

Listed below are links to weblogs that reference BONNIE PINK「Water Me」/SPECIAL OTHERS「STAR」/James Brown「A Family Affair」:

« ジョー・ホールドマン「擬態―カムフラージュ」(早川書房) | Main | 田中ロミオ「人類は衰退しました」(ガガガ文庫) »