« 「田村ゆかり2007 Summer * Sweet Milky Way *」 | Main | 映画「天然コケッコー」 »

映画「グラインドハウス」

気楽に観るには、悪くない。

かつて、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」という、Q・タランティーノ&R・ロドリゲスの映画がありました。タランティーノ演じる変態キャラが、車中、饒舌に語り倒すパートと、そのキャラが死んだ後、ラテン乗りのバンパイア狩りが始まるパート、という、どこまでがタランティーノ主導で、どこからがロドリゲス主導なのかが、非常に分かり易い映画でした。

本作は、同じく、タランティーノ&ロドリゲスのコンビ作品です。

「フロム・・・」での、転調の意図は、2本立て名画座風味ということと思いますが、本作では、各パートが「DEATH PROOF」/「PLANET TERROR」と、それぞれ独立したタイトルが付き、間に架空予告編を挟んだり、フィルム消失という設定で、話が飛ぶ趣向を挟んだり、さらにイベント色が、強くなっています(「DEATH PROOF」の安直過ぎるラストといい、「あまり、シリアスに取るなよ」との意味かも)。

本編間に挟まれる架空予告編では、「マチェーテ」(映画「スパイキッズ」シリーズの便利屋伯父さんが、自分を騙したギャング達を、山刀で殺しまくる話。)が、畳み掛けるようなテンポで、(予告編だけ)面白そうな感じです。

ロドリゲスの「PLANET TERROR」は、無限に弾が出る拳銃で、ゾンビを撃ちまくる映画。リーダー格の保安官や、医者家族など、キャラクターが非常に多い映画の割りに混乱しないのは流石、といったところ。主役の、天才的な拳銃使いと、別れた恋人というキャラ立ての、映画「ストリート・オブ・ファイヤー」を連想するようなダサさが、味わいになっています。「極道兵器」ばりの義足描写や、タランティーノ演じる、腐った睾丸キャラなど、作り物然としたゾンビ描写は、汚いけれど、気持ち悪くは無いので、あまり抵抗感無く見ることが出来ました。

タランティーノ作の「DEATH PROOF」は、自動車バトルもの、というより、殺人鬼を女子がタコ殴りする話(未見なので、イメージ語りですが、ラス・メイヤー風?)。蘊蓄長台詞や、顔のアップ多用や、昔のポップスがBGMなところは、いかにもタランティーノ作品、といった感じ(カート・ラッセル、という、お懐かしや感のある役者を使うところも?)。スピード感有る映像は、タランティーノの得意分野なので、車という題材は、適所かも。

2007.08.27 ヴァージンTOHOシネマズ 六本木シネマズにて鑑賞。

|

« 「田村ゆかり2007 Summer * Sweet Milky Way *」 | Main | 映画「天然コケッコー」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/16271285

Listed below are links to weblogs that reference 映画「グラインドハウス」:

« 「田村ゆかり2007 Summer * Sweet Milky Way *」 | Main | 映画「天然コケッコー」 »